うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: 声優ネタ

みもりんは声優業より歌の方をメインでやりたいのだろう。

1位
結城友奈は勇者である
東郷美森。「車椅子の右翼女子」という斬新なキャラ。ブログで演じるのが難しいキャラだったと言ってたが確かにそうだろう。響の三森すずこのプロフィールになぜかこのキャラが無いのが気になる。

2位
gdgd妖精s
ピクピク。ペェクちゃん!シルシルに媚びるような声と称される。アドリブの弱さを露呈したが他二人が濃すぎるのでバランスが取れていた。「ほんとだね」がみもりんの口癖らしい。

3位
ラブライブ!school idol project
園田海未。演じた役がなぜか濃いキャラになるみもりん。劇場版ではネタキャラだったが館内で大ウケだった。

4位
GJ部
皇紫音。男言葉で話すクールビューティー。みもりんでは珍しいタイプ。

5位
てーきゅう
新庄かなえ。1話の夜叉の構えが有名だが、後になるにつれまりもや他のキャラに食われ気味?

6位
BTOOOM!
ヒミコ。見た目が絵里なのに声が海未というギャップ。リアル女のクズさを上手く演じていた。

7位
まじもじるるも
るるも。声優としての実績を作り、満を持しての主役だったが、これがヒットしなかったのが痛かった。オープニング曲のPVでもあんなかっこをして踊って頑張っていたが…。

8位
でびどる!
アイラ。gdgd妖精sのピクちゃんポジションのキャラだがあの頃より手慣れた感じ。成長した!

9位
少女☆歌劇 レヴュースタァライト
神楽ひかり。海未っぽいキャラ。みもりん以外若手声優ばっかりだったのがなんだかなあ。

10位
One Room
青島萌香。売れないミュージシャン。あんなおっぱいで路上で歌ってたら人気になると思うのだが…。

11位
政宗くんのリベンジ
藤ノ宮寧子。病弱お嬢様。アニメではメインヒロインの愛姫よりおいしい役だったと思う。

12位
アウトブレイク・カンパニー
ミュセル・フォアラン。メインヒロインとしては珍しいメイドっ子。

13位
探偵オペラ ミルキィホームズ
シャーロック・シェリンフォード。このキャラがスタートであり原点だろう。これがあったからかなえ先輩とかの役も来たのだろうし。

14位
ゆるゆり
古谷向日葵。船見結衣と区別が付かない時がある。

15位
きみの声をとどけたい
矢沢紫音。これもレビュスタみたいに若手声優の中でみもりんだけベテラン。なんだかなあ…。

16位
信長の忍び
お市。みもりんキャラで唯一の非処女!?続編があれば史実通りかわいそうな展開になるわけだが…。

17位
ランス・アンド・マスクス
アリス・クリーヴランド。金髪おっぱい要員。この作画なので嬉しくはない。

18位
フライングベイビーズ
モナ。オバカな外人キャラ。

19位
CHAOS;CHILD
有村雛絵。金髪ツインテで嘘を見抜く能力を持っている。印象に残ってない。

20位
けものフレンズ
キタキツネ。目立たない役だった。

21位
SSSS.GRIDMAN
なみこ。ほとんどモブ。

痛い子を演じさせたら右に出る者無し?

1位
折部やすな。赤﨑千夏を代表する役。やすなはあぎりさんと敬語で話している時が素なんだろう。そしてソーニャを孤独にさせないように無理してからんでいるという前提で見ると深みが出てくるのだろうか…うーん。

2位
しめじ。しめじって名前なんなんだよ!?すずめのエンブレム結局どうしたんだよ?うずめに対して薄情すぎだろ!カレー会議で空気読めなさすぎだろ!つまり最高のキャラですね。

3位
蒼井晶。アキラッキ~。他の声優も晶の役をやりたがったという。こういうドギツイ役って演じてて面白いのかな。

4位
バカ。主役とはさすがバカキャラなら右に出る者はない赤﨑さん。キルミーを見直したらやすながバカに見えてしまった。

5位
丹生谷森夏。モリサマー。他のアニメなら三角関係の一角になるようなキャラだが、そうならない所がこのアニメの良いところ。

6位
真木夏緒。リコが主人公だけどマキの方が目立っているような。表向きはおしとかやなお嬢様、本性はヤスナに匹敵するアホな子。恋愛願望妄想の権化。でも美声を生かしている。

7位
春咲千和。主人公とリアリティのある距離感の幼馴染キャラを好演。ハーレムの雰囲気を悪くならないようにしている立役者のいいキャラ。

8位
九重八重。真宮寺さくらにそっくりな女剣士。赤﨑さんでは割と珍しいタイプ。

9位
フェルト。王戦参加は強引な展開に感じた。俺はペトラたんの方が好きだが。

10位
片桐愛梨。いい女って感じ。出番が少ない。

11位
ロサ。1話で負けて即退場という。

12位
広畑七恵。クールキャラの声楽部部長。小夏のライバルで出番が少ない割に目立ってる役。赤﨑千夏では珍しいタイプのキャラ。

13位
絹島ミチル。モリサマーみたいなポジションなので起用されたのだろうか。

14位
板場弓美。すぐアニメではアニメではと言ううるさい子。うざいキャラは彼女の真骨頂かもしれないが作品の質を貶めているような…もちろん悪いのは声優ではなく脚本だが。

15位
出雲いおり。巫女の子。印象に残ってない…。

16位
日野茜。テンプレ元気っ子キャラで膨大な数のキャラの中に埋もれていて存在感は無いが、ニュージェネに好きな食べ物で掛け声をする提案をした。「私ならほか・ほか・ごはーんですね!」

この人凄い美人なんだけど、ああいう声なのでなかなかメジャーになりきれなかったのかなと。

1位
二重丸くるり。アニメ版のラスボスにしてクレイジーサイコレズ。主人公の敵なのに思わず応援してしまう。

2位
ナナチ。この役でついに大ブレイク。でも個人的にはくるりの方が好きなんだよな。

3位
鴎端のり子〈最可〉。ヨゴレたキャラが多い中で敢えて純潔を守った子。ひたすらかわいそうだった。

4位
久乃木愛。後半から登場する絵麻ちゃんの後輩の原画担当。コミュ障でうまくしゃべれないが終盤で成長も見えた。水島作品では珍しく百合属性持ち。

5位
メガドライブ。レギュラーキャラ。眼鏡をかけた優等生キャラと見せかけて不思議ちゃん。他2人のM・A・Oも高橋未奈美も出世してるのできっと縁起のいいアニメ。

6位
ファントム。緑色の髪の怪しげな子で、かなり出番が多かった。

7位
ヴィント。白い幻獣の子供。あれ井澤詩織やったんか。人外キャラの出番多いよね。

8位
森川ゆい。自称ミーシャのライバル。つばめを慕っているがそういったシーンがもっと多ければ良かった。

9位
水沢まつり。柚子と幼馴染のピンク髪の子。キャラ以前に作品自体が印象に残ってない。

10位
野田硝子。なにゃこの親友。野田ちゃんと言われているのでGA芸術科アートデザインクラスのノダチャンを思い出した。

11位
園みどり子(そど子)。風紀委員トリオで他2人も同担当。ナナチでブレイクする前は代表するキャラだった。

12位
シュレディンガー。量子力学に詳しそうな名前の猫。男っぽい声だったけど。

13位
ティルファー・リルミット。ポニテの明るい子。それほど出番はない。

14位
村井〈九官鳥〉。やたらうるさい声で鳴くが井澤詩織だったんかあれ。

15位
ナナシ。ハンナのルリグのマゾっ子。

16位
ビスクラヴレット、テンショウ。覚えてない。

ロリキャラのスペシャリスト!

1位
神戸しお。ロリキャラ。もう、たまらんね…至高のロリ。ざーさんとの相性もばっちり。

2位
ニーナ。ロリキャラ。1話のみの登場だがあまりの神演技のせいでこの作品のハードルを上げてしまった。

3位
星宮ケイト。メインヒロイン。ロリキャラ。3話の喫煙者罵倒はワロタ。

4位
マオ。ロリ魔王先生。久野ちゃんにはぴったりの役だったね。

5位
星宮瀬奈。主人公の妹だが肉体関係があるという。長セリフの演技は残念だった。

6位
タマ。ロリキャラ。準主役。三期がダメだったのはタマとアキラッキーに匹敵するキャラがいなかったからだろう。ロリキャラは山岡ゆりが頑張ってたけど。

7位
新山仁子。ロリキャラ…ではなく小柄な女の子でなにげにロリ巨乳。なかなかおいしいキャラだった。非ロリキャラにシフトする兆しを感じた。

8位
熊枕久瑠美。ロリキャラ。熊が好きな子。ロリ演技に磨きがかかっていたと思う。

9位
大司教河くるみ子。ロリキャラ。アイスを売っていた子。ヒロインがやたら多いのでその分出番は少ない。

10位
市原仁奈。ごぜーます語尾のロリキャラ。うさぎの被り物をしていた子。ヒロインがやたら多いのでその分出番は少ない。

11位
リディアーヌ・ディディエ。ロリキャラ。作中では戦車乗りとしか呼ばれてない。出番はとても少ない。

12位
吉野咲希。ロリキャラ。二期があれば出番が増えそうな感じだった。

13位
矢工部キノ。喋るのが苦手で絵で気持ちを伝える少女。一応モノローグの声がついていた。

14位
ノロちゃん。眼鏡をかけた男の子。今後は男役が増えそう。

15位
クラカワマリ。ロリキャラ。出番は最初の方だけ。見た目かわいいんだけど。

番外編
千歳ゆま。ロリキャラ。スピンオフ漫画のおりこマギカの登場キャラ。自分の声のイメージとかなり違ってたな…。

弱冠21歳にして7年目。出たアニメにヒット無しの爆死請負人と言われるが、ホリプロのゴリ押しに屈してしまう程度の作品はヒットに成り得ないということなのだろう。

1位
安藤夏希(主人公)。アホ毛の突っ込みキャラ。最近はクレア役の千本木彩花に追い抜かれ気味。

2位
中野千雨。あずにゃんもどきキャラ。ダウナー系のいい演技していた。

3位
谷みなみ(主人公)。百合百合していて良かった。これ以後主役の仕事が無い…それまでが異常だったんだろうけど。

4位
天海響(主人公)。氷菓のえるみたいなキャラ。こういう演技も出来るのでかなり器用である。器用貧乏…。

5位
真賀田四季。木戸ちゃんが演じた役で一番イカれたキャラなのは間違いないだろう。

6位
神野めぐみ。この作品は円盤がそこそこ売れたので脱爆したと言う人もいるが、メインじゃないしね。

7位
クレア・ルージュ(メインヒロイン)。釘宮理恵のモノマネみたいなツンデレ演技もこなしてしまう。木戸ちゃんが良く言われる「ひゃん!」も聴ける。

8位
菜波・K・ブレードフィールド(メインヒロイン)。お姉さんキャラはこれだけ?

9位
姫小路秋子(メインヒロイン)。14歳当時のデビュー作にしては上手い。若い割に声が低い。

10位
藤咲美奈。クラスのアイドルで主人公に好かれているが内面はゲスい。

11位
長谷川夢(メインヒロイン)。これは…キャラどうこう以前に作品の出来が酷すぎた。

↑このページのトップヘ