うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: アニメ批評_2019

川村元気が関わって余計ダメになった超平和バスターズ第三弾

dアニメストアで視聴。あの花スタッフ第三弾。
眉毛の太い姉妹の話。個性を付けたいのだろうが滑ってる。
妹が主人公で、プロのベーシストを志望している。この女が高3のくせに思春期中学生みたいにキレまくりなので見ていて痛々しかった。
あの花とここさけは秩父の田舎っぷりは強調しなかったが、今回は田舎としてのネガティブな面を描いている。
そしてここさけがコケたのはファンタジー要素が無いからだと思ったのか、今回は幽霊…じゃなくて生霊が出てくる。

このスタッフに期待されるのは泣けるかどうかだろうが、ここさけよりさらに泣けないと思う。泣き所はあおい攻略ノートと、シンノが消えたことをあおいが気付いた時だろうが、泣く奴はいないだろう。

松平健などのタレントが起用されているが、この辺は川村元気が関わったからなのは間違いない。こいつがここさけがコケたのはCVが声優だけだったからだとかほざいたのだろうね。

で結局、面白いのかどうかといわれたら、全然面白くなかった。今までの岡田作品に比べてリアリティ重視にしたのか、非常に退屈だった。これも川村の指金なのだろうか?打ち上げ花火と同じつまらなさを感じた。退屈な実写邦画を見ているようだ。川村はアニメ業界にとって疫病神でしかないな。

終盤、あかねが土砂崩れに巻き込まれる展開は唐突すぎた。ライブシーンで終えたほうが良かったと思うが、空を舞うシーンを入れたかったのだろう。これも派手なシーンを入れろという川村(略

結論は、川村が打ち上げ花火に並ぶ駄作を作ったってことで。

あと背景がまんま実写の流用なのが気になった。長井監督&CloverWorksらしくない。スタッフがやる気ないのも川村(略

死せるなんとか、生けるかんとかを助ける…

この作品の設定、まんまマイケル・ベイ監督のハリウッド映画「アイランド」と同じなんだよね。
どちらも「登場人物たちが皆白い服を着せられ、閉鎖された空間で育てられている。しかしその目的は実は…主人公はそれを知り脱出を試みる」という同じ展開。
登場人物の年齢層と「その目的」は違うのだが、搾取されるということにおいてあまり大差ない。なにより登場人物が白い服を着ているので絵面的にそっくりに感じてしまう。

まあそれは置いといて、とりあず見てみた。結論としては良く出来ていると思う。
エルフェンリートの神戸監督はホラー演出やらせたら右に出るものはいないね。ソ・ラ・ノ・ヲ・トでも出血シーンはぎょっとした。
ただ1期が綺麗にまとまりすぎているので、2期以降大丈夫なのかと思う。脱出後の原作はグダグダと言われてるし1期で終わっといた方が良かったのかも。ノーマンも実は生きている感がある。

あと致命的なツッコミ所が2点あって、まず敵が門以外無警戒なんだから、壁の先は堀や川で越えられないという可能性を最初に考慮しないのがおかしい。ノーマンの出荷直前にやっと気付くのはあまりにお粗末。
もう一つは終盤になって、別のプラントの子は見捨てていいのかとギルダに言われ、全員に固執するエマの気が変わるが、その程度の理屈をノーマンやレイは思いつかなかったのか。ノーマンとレイはずっと全員縛りに苦慮していたのだが。
それとレイの作った発信機無効装置や幼児期健忘無し設定もチートすぎた。

なお作画は良いが、キャラデザの口の位置が高いのでアゴがしゃくれてるように見える。徳弘正也っぽいw

あとどうでもいいけどdアニメストアのあらすじがネタバレしてるのはいいんだろうか。

百合が主題じゃない。エヴァもどきの自己啓発系

dアニメストアで視聴。
60分くらいの映画。「あさがおと加瀬さん。」と同じ佐藤卓哉監督&ポニキャの百合アニメ。
時間停止能力を持っている底辺カーストの美鈴が、それが通用しない上位カーストの女子の遥に能力がばれてしまう話。まどかマギカの二次創作の変態ほむらさんシリーズを思い出した。

百合百合コンビが時間停止能力で事件を解決する話かなと思いきや全くそうではなく、百合も時間停止もこの作品の本題ではなかった。この作品の主題は上辺だけを取り繕った果てに中身が透明になってしまった遥の病的なまでの孤独で、つまりはエヴァのシンジやアスカと同じである。

百合を求めてたらエヴァもどきの自己啓発物を見せられて拍子抜けに感じた。美鈴が小林さんがいる陰キャグループの方になじんでいく描写はリアルに感じられたけど。

あとやっぱ宮本侑芽は演技が下手だな。山場になるとボロが出る。

最初から11話のような処女ビッチ&草食男の話にすればよかったのに…

川柳少女とセットでやっていた15分枠アニメ。結論から言うと川柳少女の方が良かった。
中盤までの青の性格が、女にしてもわがままで自己中で女々しくてとても不快だった。9話で自分はクズだと自覚するものの。
この作品は明らかに女は男のために飯を作れ、勉強より男を取れと言ってるんだが、フェミが見たらブチ切れるだろう。

ただ11話からは青が木嶋を受け入れ、そこからは青がセックスを期待するのに木嶋が草食系で果たせない、という展開になって面白かった。最初からこうだったら良かったのに。青が源氏物語で誘惑するのはなかなか高尚だった。

なお原作は少年マガジンエッジだが、ヒプマイが掲載されていたりとかなり女向けに感じる。そういう雑誌に「少年」をつけるなよ。

声優はエロ親父のツダケンは合ってない。ガラガラ声セリフが聞き取りづらい。他に合う声優はいくらでもいるだろうに(緒方賢一さんがベスト?田の中勇さんや永井一郎さんが存命なら…)一時的なブームで無理に起用されて気の毒。

君の名は。と同じ現象

これ以上スルーするのが困難になったので、あまり興味はないが仕方なく視聴。
結論は言われてる通り、つまらなくはないがこんなにヒットするほど面白くもない、という人並みな感想だった。ストーリー的には中の下くらいの出来。目新しさの無さとギャグセンスの稚拙さが痛い。初代担当編集がジョジョに似てる、ハンタを参考にしたと言っているが、もちろんその2作品の方がずっと面白い(ジョジョは6部まで、ハンタは蟻編まで読んでる)。
ただ、鬼もまた被害者であるという過去回想描写を度々入れるのはウケが良いのだろう。あと主人公たちの傷が仙豆みたいなアイテムですぐに回復せず、治るまで時間がかかるのが良いという指摘もある。痛みを感じられる共感性があるということだ。そのせいで終盤は蝶屋敷のリハビリで終わってしまったが。

作画はもちろん良い方だが、同じufoならFate/HFの方が上。クセのあるキャラデザはマイナス。このキャラデザでグロさが緩和されているのも事実だが。

なんでこんなにヒットしたのかと言えば、最大手誌ジャンプで求められていたジャンルで、話がシンプルで敷居が低かったからだろう(その真逆がサムライ8)。君の名は。の時も同じような理由だと感じた。
ジャンプの漫画は設定が複雑になりすぎたように感じるので(その末路がサムライ8)、単純な設定が愚民共に受けたと言える。
私が言っている理由はヒロアカにも該当するだろうが、タイバニみたいなアメコミヒーローもどきよりも、和風時代劇ホラーバトルが日本の今の時代に求められていたジャンルなのだろう。

欠点はまずセリフが無駄に長いことで、セリフ過多でクドい時があるように感じた。名言のように言われてる「生殺与奪の権を他人に握らせるな」は、カイジの限定ジャンケンで船井に騙されたカイジが同じことを言っている。
あと他で多く言われているように、ギャグセンスが悪い。古臭い。そして「ここでギャグ!?」ってタイミングでギャグを入れてくる。逆に言えばセンスが古臭くても大ヒットさせられるという希望が生じたのかもしれんが。

ストーリーの構成も悪く、まず7話の終りで吉良吉影もどきの無惨が出てくるまでが全然面白くない。多くの人が序盤がつまらないと言っている。無惨が去った後もまた地味な展開で、11話でやっと善逸&伊之助が出てくるが、その後も善逸のクズさと伊之助の馬鹿さを描きつつ淡々と話が続く。
18話で柱が活躍する辺りからやっと盛り上がるが、2クールアニメとしてはスロースターター過ぎるだろう。累を倒すところがピークだが(盛り上がった割に水柱が瞬殺したが…)、そのあとはリハビリで終わってしまう。本当に面白いのはパワハラ会議だけに感じたが、ジャンプとしてはあそこで下弦をリストラせず、それぞれの話を累と同じようにやって引き延ばしてほしかったことだろう。

ツッコミ所も当然多いが、一番気になるのはねず子が鬼なのに特別扱い過ぎること。あまりに作中設定と乖離しすぎているのでしらけてしまう。鬼になりかけなのかと思いきや、鬼の血が濃くて強いとも言われるし。
他にも良く言われる、最終選別が無理ゲー難易度なのにショボ隊員が多すぎること(手鬼がいたのに…)、長男だから我慢できたと言う意味不明セリフ、鬼は無惨しか増やせない割には鬼の数が多すぎる、富岡義勇が縁の無い炭治郎とねず子に肩入れし過ぎと多々ある。

声優は異様に豪華でチョイ役にも有名声優を起用している。碧ちゃんの代表作に鬼滅が書かれなければいいけど。あんなチョイ役で…。

各話感想
1話
なんで幼いころからこの市松模様なんだ。
セリフ過多だよね。
この状況で生殺与奪とか言うのおかしいよな。実力差から土下座するしかねえだろ。
つーかこれカイジのセリフのパクリだし。
そもそもこの状況で長セリフで説教するのが無理があるしw
だからこの手刀で気絶は無理だっつーのw

2話
伸び縮みするとかうまるちゃんか!
セリフが説明臭い。
いちいち説教臭い。
一言も鬼殺剣士になりたいなどと言ってないが…。

3話
ねず子暇すぎやろ。
ギャグがつまんない。って良く言われるよね。

4話
藤の花が苦手とか適当な設定に感じる。
碧ちゃんは端役か。
話が長い!
こいつを放置している鬼殺隊も鬼殺隊よの。

5話
こいつの過去話とかいるのか。

6話
チェックの羽織着てないとだめなのか。
都合よすぎる服の設定。
ねず子を連れて行った理由がよくわからんのだよな。

7話
ねず子どうやって箱に入れたんだよ。
うどんもったいねえ!
モロに吉良吉影。見た目はマイケルジャクソンだが。

8話
こいつ自分より背の高い男によく絡んできたよな。
この女に血をやるところすげーグロいよな。
この回のギャグは特にダメだな。
ねず子の血は濃いって言われてたのにね。

9話
刀語の真庭人鳥の攻撃思い出すな。
セリフがくどい。ギャグが寒い。
この回構成がおかしくない?ufoって脚本担当を隠してるんだよな。
ほんとギャグが寒い。
そもそも矢印って何なんだよ。

10話
鞠蹴ったら足もげるんじゃなかったのか?
鬼専用回復薬と言うのも都合のよいアイテムよの。
ねず子が理由もなく強すぎる。
基本的に倒した鬼もまた犠牲者であることを描くのな。
そういや鬼化した旦那さんどうなったの。
ここで善逸に会うのは偶然すぎるやろ。

11話
炭治郎の嫌そうな顔、このシーンかw
最終的に責任とってねず子を差し出すことになったな。

12話
この鬼はなんで四つ足なのか。
ハート様のパロディじゃねえか。
2対1とはいえよく負けたな。
ご都合主義カラス。
この長男云々ほんと意味不明だよな。

13話
昔遊園地にあったびっくりハウスを思い出すわ。
原稿踏まないようにしてわかるって意味不明。
唐突に猫出てきて届けてくれるとかwww
ちゃんと名前呼んだやん。
寝てたら伊之助斬ってたんじゃね。
善逸がここまで守るのも違和感あるな。

14話
プロレスラーかw
ここの作画に力入れんでも。
善逸が幼女に抱き着いているんだが。
鬼殺隊の福利厚生。風呂は?
キメツ学園、巨人中学校みある。

15話
ルパンか!
こいつら学校行ってないんだよな。
善逸がツッコミポジを確立している。
柱はここが初出か。
これは使えない隊員のリストラですね。

16話
それでもいったん糸を切ればええやろ。
その程度で操りを破れるならどうにでもなったやろ。
北斗有情拳か!

17話
蜘蛛男の説明が丁寧すぎるw

18話
戦力の逐次投入、無能すぎ。
最強の型いつも使えよ。
また説教か。
でたサイコロステーキ先輩。
水柱はリヴァイ兵長みたいやな。

19話
この時点だと下弦でもすごく強い扱いだが…。
さっきその十の型で斬ればよかったじゃん。
ここが神作画と言われたところだな。
シャベッタアアアア

20話
しのぶはサイコパスや。

21話
累の過去やるのか。カットでよくね?
富岡気付くの遅いやろw
ここでギャグかよ…。

22話
隊律の説明なんか受けて無くない?
日輪刀でも刺すだけなら大丈夫なのか。
柱すら倒す石頭強すぎるだろ。
富岡まで腹切ることにされてる…。

23話
シャベッタアアア
恋柱は作者の声だろうか。
それほど善逸は親友ってわけでもないよね。

24話
善逸クズ劇場。
バケモノ肺活量。

25話
伊之助はダメになりすぎ。

26話
やっぱパワハラ会議が一番面白いな。
最後急に善逸が常識人になった感あるな。

↑このページのトップヘ