うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: アニメ批評_2017

えっ!?これユルくて面白いよね?それともクソアニメ見過ぎて俺の感覚が何かを超越したのか?もはやアニメ仙人の域に達したのか…

一見、駄ソシャゲアニメに見えるが…しかし!監督錦織博、キャラクターデザイン田中雄一、制作J.C.STAFF、なんと禁書と同じスタッフなのである。作画は波があるものの同じ田中さんキャラデザの「夏色キセキ」のような作画崩壊は無い。ただバトルの動きは中割り不足のカクカクで、敵のオブリが単純なデザインで死に方もシュワッと消えるだけなのでその辺は楽はしている。

この作品は公式がアピールしている通りバトルだけでなく女の子たちの日常シーンも多く描かれていて、そのユルさはなかなかの一品に仕上がっている。
あまりにユルすぎて脱力してしまうことも多々ある。会話は声優ラジオみたいなノリで、声優が演技せずに素で喋ってることも多いと思う。特にベテランの沢城みゆきと斎藤千和。

このユルさ、「絶対防衛レヴィアタン」並に評価されてもいいと思うのだが…花澤さんが同じようなキャラを演じてるしwシリーズ構成の吉岡さんは「閃乱カグラ」もやってるのでそれにも似ている。
ただ会話センスが親父臭く、ムキムキとかボインとかチョッチュネとかメンゴメンゴとか宇宙刑事ギャバンとか川口浩探検隊とかは流石にどうかと思った。
あとシャワーシーンと風呂シーン多すぎ。でも11話の裸の隠し方は斬新で笑ったw

ツッコミ所はこの手のアニメ同様に多くあって、なんで適格者が女子高生ばかりなのかとか(このアニメに限らないけど…フィフス粒子を浴びた人間の子としているがその説明にはなってない)、なんで記憶喪失で不登校のつばめがリーダーなのかとか(初対面でそれをすぐに受け入れる他の4人も謎。いおの方が向いてるようにしか見えない)、なんでわざわざ平行世界に行ってオブリを倒さなければならないのかとか、オディールの正体がクラスメートだとわかったのになぜ授業が終わったら帰ってしまうというしょうもない理由で放置するのかとか…これはギャグなのか。
そして極めつけは、主人公のつばめがなぜ過去に戻る力を持ってたのか、この世界のつばめに相当する存在は誰なのか、つばめを救った猫の隊長は何者なのかという謎をぶん投げて終わってしまう。原作ゲームはまだサービスが続いているのでそれをやればわかるのかもしれないが。

ソシャゲ原作らしい豪華声優陣はこのアニメの売りで、レギュラーの石原夏織、日高里菜、沢城みゆき、花澤香菜、小倉唯に魅力を感じる人は是非見るべきだろう。特に沢城みゆきは萌えアニメのレギュラーはこれが最後になっている。あとざーさんがかなり弾けてる。キュイジニエール・サジマって誰やねんwそれと斎藤千和さんのオディールのオバカ演技も素晴らしい。脇役には釘宮さん三石さんもいる。

あとEDで摩訶摩訶やへべれけやオホーツクに消ゆといったマニアックなレトロゲーをネタにしているのがツボ。

総じて駄ソシャゲアニメと切り捨てるにはもったいない佳作だと思う。

1話切り。分煙しろや人殺しが!!肺癌で殺す気か!

主人公が所かまわずタバコを吸う殺人鬼。その上灰をそこら中に巻き散らすクズ。

怒りでストーリーが頭に入らない。

「タバコが目立つアニメに良作無し」ほんと、このルールは鉄板だわ。

碧ちゃんがかわいそう。

一見「モンスター娘のいる日常」「となりの吸血鬼さん」より良さげなアニメに見えて…キモ主人公ハーレムのせいで台無し

このアニメを含む以下3作品は同じ亜人萌えアニメだと思うので比較してみた(登場キャラで吸血鬼、デュラハンが共通している)。数字は原作の発表年。

「モンスター娘のいる日常」(2012)
・モンスター娘は異世界から来る
・モンスター娘だけで外出はできない
・モンスター娘への差別が酷く、胸糞シーンあり
・極端にエロい。おそらく全TVアニメでも上位レベル

「となりの吸血鬼さん」(2013)
・吸血鬼は眷属化で増える
・吸血鬼は隠れて生きている
・人間に敵愾心を持つ吸血鬼がいる程度で胸糞はほぼ無し(個人的には致命的なのがあったが)
・エロはほぼ無い

「亜人ちゃんは語りたい」(2015)
・亜人は突然変異で生まれる
・亜人は普通に社会的生活を送れる
・亜人への差別は建前上は無いが実際はあって、胸糞シーンあり
・エロはたまにある。水着回もあり

一言でいうとこの「亜人ちゃんは語りたい」は、頭が悪い原作者が自分の頭をよく見せるために作った、失敗した意識高い系の作品という印象。それは「となりの吸血鬼さん」についても言えるが。そういう意味ではエロエロでバカっぽいモン娘は潔く、3作品の中で最も優れていると思う。

この作品で描かれる亜人はハンディキャップを持っている社会的少数者のメタファであり、彼らに対する差別問題がテーマになっている。
しかし…このテーマについては「まだそういうのやるの?」と思ってしまう。
アニメには「ズートピア」のように差別問題のその先の、ポリコレ棒を振るうエセ弱者の糞人権左翼屋を晒して問題提起した、こんなのよりもずっとレベルの高い傑作もあるのだが。
ネタバレレビューを読むそれだけ内容が古臭いってことだ。
ネタバレレビューを読む話の出来も悪い。

そしてそれ以上にこの作品のダメな所は主人公である。主人公のむさくるしいおっさんが亜人女子にモテモテハーレムライフを送る、ただそれだけを12話に渡って描いている。見るのが本当に苦痛だった。

この主人公が「いい人ぶりながら」亜人少女にセクハラ三昧を繰り返すのが本当にキモい。むさくるしいおっさんなのに、ちょっと話聞いてあげるだけで亜人ヒロインたちにベタ惚れされるという…チョロインすぎ!お前はToLOVEるのリトか!リトは外見がかわいい系男子だからまだいいが、お前はおっさんやろ!原作者が男だと知って納得した。きっと原作者の容姿はこのむさくるしいおっさん主人公そっくりなのだろうな。
このキモいおっさんを完璧な人間として描いていてつくづく吐き気がする。こいつがいかに立派な人間かをただ延々と描いただけの全12話で、劣等生のさすおにと全く同じ。
ネタバレレビューを読む
こんな奴よりもラミアたちを献身的にお世話しているモン娘のイケメン主人公がモテる方がずっと納得できる。

…主人公のダメさは別として、吸血鬼と雪女の子はそれぞれの性質が弱く、普通の人間とあまり大差ない設定になっているが、もっと強い性質を持っていて血を吸ったりして大事件を起こすような話の方が見たかった。二人と違って首が分離しているデュラハンの子は突っ込んだ話が多い。

キャラデザはA-1で俺妹やそれ以後の優れた作画の作品を作ってきた川上哲也さんなので流石に素晴らしい。でも「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」よりはちょっと落ちるかも。OPの飛び出す絵本も良く出来ている。

声優については本渡楓は「手品先輩」で、このアニメのひかりのように低めの声で演じた方が良かったと思うが…ゾンサガの成功体験のせいでさくらの高い声で演じてしまったのだろうか。でもこのアニメの演技は東山奈央の演技をパクってるように聞こえるけど。
あと篠田みなみは「ふらいんぐうぃっち」で見せたように独特の魅力があるので、もっと仕事があればいいのにと思う。

それとEDが同じ三月のパンタシアとはいえ「衛宮さんちの今日のごはん」EDと似すぎなのでもうちょっと何とかした方がいいと思った。

2話切り。作画だけが取柄のゴミ。所詮は小説家になろう原作

作画はいいがそれだけ。「幸腹グラフィティ」と同レベルのゴミ料理アニメ。
これより「衛宮さんちの今日のごはん」を見るべき。

結局の所、異世界人に現代日本の料理を自慢するのを繰り返すだけ。本質は他のなろう系と全く何も変わらない。文字は違うのに言葉は通じるとかいった杜撰さもなろう系ならでは。

萌えを拒絶したようなキャラデザも不快。「天境のアルデラミン」を思い出した。

応援歌のように一斉に大声で歌うOPもうるさくて不快。パート分けしろよ。

麻枝准リスペクト作品。ラストは情けないという意味で泣けてきた

dアニメストアで視聴。90分くらいの映画。
女の子たちがミニFMラジオ局をやる青春物。

こういうアニメを見てるといつも「ファンタジー要素、無い方が良くね?」って思うんだよな…これとコンセプトが近い「夏色キセキ」でも思ったけど。もし「TARI TARI」にファンタジー要素があったら?と想像すれば、無い方がいいのは分かるだろう。
でも最後まで見ると、この監督はおそらく重度のKey作品信者で、KanonやCLANNADを百回以上見ている重度のだーまえ信者なのだと思われる。きっと何を言っても無駄であろう。

ラストの展開は、これじゃ「君の歌を届けたい」だよね。ラストシーンのまるでCLANNADのように沢山の光の弾が飛んでいって…という展開を見せられて、「だーまえマンセー!Keyマンセー!人類は皆思考停止してKanonやCLANNNADを讃えとけばええんや!」というスタッフの声が俺にとどいたよ。

でも女の子たちがミニFMラジオ局をやるというアニメは他に無さそうなので、実にもったいないと思う。

キャラ原案の青木俊直さんは「ひそねとまそたん」の人で、女の子たちはみなあんな感じのカエル顔(蛙も出てくるけど…)。青木さん自身が描いた絵はもっといい感じなのだが、どうもアニメにすると微妙になるような。
マッドハウスの映画なので作画や美術はしっかりしているけど。生活の細かい描写とかよく描いている。

声優はこの作品のためにオーディションを行ったそうで、みんな新人なので演技は残念。もうこういうの止めて欲しい。みんな演技はダメだけど歌は上手いので、Aqu〇rsメンバーみたいに元々は声優志望じゃねえんだろうなあと見透かしてしまう。
でも女子たちの中にベテラン1人、みもりんだけいるのがなんだかなあ…レヴュースタァライトもそんな感じだったし…。
ただ主人公の「そっかぁ~そうなんだぁ~そうだよねぇ~」「ちょっと待ってよぉ~」みたいな棒読み演技はは妙な味があってつい笑ってしまった。けもフレ1期のサーバルちゃんと同じ。プロ声優としてはアウトだろうけど…。

↑このページのトップヘ