うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: アニメ批評_2020

無能なミスミス

主人公とヒロインが敵対しているロミジュリ系。それをちょっと前に濫造されたテンプレ系でやっている。ただ舞台は学園じゃなくて軍隊。

見ていて気になるのが主人公チームの隊長のミスミスの無能さ。戦闘能力は皆無で頭も悪く常に足を引っ張る。なんでこいつが隊長なのかと最後まで疑問を持ったまま終わった。最後にプチ覚醒して敵の魔法を無効化したりもするが。東方厨は見た目がチルノそっくりなのも不快に感じるかも。

話の流れも原作を大幅にカットしているようで、3話で唐突に始祖様が出て来てイスカとアリスが共闘して倒すのは呆れた。ソードマスターヤマトを序盤でやった感じ。最終話のミスミス覚醒までやりたいから詰め込んだのだろうか。サリンジャーがFateのギルのパクリキャラっぽいのも痛い。

そもそもの問題として、主人公のイスカが剣しか使えないので、魔法使いと戦う時は魔法を防げる剣のスペックに頼ってるようにしか見えないのがダサいんだよね。

ただ後半からのアリスのポンコツ三昧や、ネビュリス皇庁三姉妹と仮面卿の皇位継承を巡る謀略の辺りから少し面白くなってきたのだが、1クールなので中断された形で終わる。

まあ、どうしようもないね。

あと沢城みゆきが深夜アニメで新規の役で出ているのは最近では珍しい。スト魔女3期があるのでそのついでだろうか。

熊である必然性のないベッタベタのなろう系

熊っぽい服を着ている女の子が異世界で私TUEEEと無双するだけのなろう系。
モンスターを倒しまくる、魔法で家を造る、現世の料理を振る舞う、目についた悪人を成敗する、目についた困ってる人々を救う(でも社会を改革しようとはしない、女帝になる力はあるのに)、といったなろう系でおなじみのシーケンスを淡々とこなすだけで終わる。最後はフィナが虹ヶ咲の歩夢みたいに百合をこじらせてたけど。

現世食べ物マウントの話が多すぎるように感じたが(鶏が珍しくないのに卵が貴重というイミフ設定は総ツッコミされてたね)、終盤は主人公のユナが和食に固執したいせいで、異世界が舞台である意味が薄れたように思う。

どうしようもないテンプレなろう系だが、キャラデザはかわいいのでギリギリ見られた。キャラデザは七難隠すだね。

これで「おわり」?ネウロイの正体や芳佳の父親の件は…。

3期。
今までの総決算ということで501のベルリン開放に向けた戦いの話。
芳佳がまた魔法を使えなくなる展開はちと微妙。最終話でまた劇場版のようにご都合主義に復活してしまったし。
今回が最後と言うことでMe163コメート、富嶽、P-1000ラーテ、ナチスUFO、世界首都ゲルマニアと取って置きの史実ネタを出しきった感じがする。まだP-1500モンスターがある?
502のひかりとラルがカメオ出演したがもうちょっと出番があっても良かったのでは。高村監督にとってはブレイブはこけたから良い思い出無いのかな。

アニメとしてのクオリティは高く秋アニメでは1番の評価だが、ちょっとあっさりと終わりすぎた印象もある。ベルリンの巣の破壊後をちゃんと描いてほしかった。芳佳が父親の死を受け入れて終わるとか。坂本少佐も引退した後はいい所がなかった。玄田パットンがやたら目立ってたが、本来は坂本少佐があのポジションにいるべきだったのでは。
そして肝心のネウロイの正体もわからないまま…初期の和平派の人型ネウロイはどうなった?
最後に「おわり」と出たが本当にこれで完結なのだろうか。この後はルミナスウィッチーズはあるけど監督が高村さんじゃなくて佐伯さんだしなあ…。

まとまりがない。2期まででやり残したことを詰め込んだ?

3期。
園芸部の琴川晶編はいいとして、1期キャラの桃原奈月編と七橋御乃梨編のその後を1話ずつやったのはなぜだろう?
邪推すると桃原奈月の声優についての噂を払しょくするために再起用したんだろうか。プロデューサーがもう使わないと言ったのは村川じゃないよ、と。そうなると消去法で今回起用されなかった三(略

その後の無職の織崎紗耶編もいいとして(口の作画が変に感じたけど)、最後に花坂結衣が3度目の登場。11話でプロポーズ、12話Cパートで子供がもう生まれているという駆け足展開。
妹の桃原奈月編なんぞいらなかったから、花坂結衣編を4話かけてもっと丁寧にやればよかったのに。

王道スポ根

JKがスポーツクライミングをするやつ。かのかりでもやってたし今が旬のネタなのだろう。
これも咲テンプレに沿っていて、大会ではライバルが変人女子ばかりだったりする。
最後にアンネの自滅で花宮優勝は萎えたが(好はオブザベだけが取り柄じゃなかったの?)、他の1クールスポ根は主人公チームがもっと理不尽に優勝してしまったりするのでまだマシな方かな。はるかなレシーブは酷かった。

クライミングの作画は止め絵が多いのは残念だったが、スポ根としては佳作と言えるでしょう。5話や9話は泣けると思う。

↑このページのトップヘ