意外と良かった。野沢雅子さんが色々な喋り方をしてるのが面白い

一応イクサー1のシリーズ作品らしい(2話で河合が背景を説明する)。ロボット物じゃなくて変身ヒロイン物になってるけど。

主人公が女子プロレスラー志望って時代を感じる。最初と最後だけプロレス技を使うけど、ずっとプロレスで戦えばよかったのに。
変身シーンが乳首が見えてエロいのも時代。
主人公がなかなか戦う気にならずにうじうじしてるのはイクサーシリーズのお約束なんだろうか。敵にプロレス技が通じれば良かったんだろうけど、まさか全2話で2話後半までやる気が無いままとは。

話的には2話しかないOVAなのでやっぱりおれたたEND。最後に「終」って出てるけど。関西人アイドルのイエローのキャラが濃くて他の影が薄い。

作画や背景美術は良いけどやっぱキャラデザが古い。でも背景美術は本当に良い。イクセルのポップなデザインは当時としては先進的だと思う。

声優はイクセルの野沢雅子が一人四役で敬語キャラ・クールキャラ・関西弁キャラをやってるのが面白い。ベジータの人もいる。あとおじゃる丸の西村ちなみの歌が上手い。