まさに庵野秀明抜きでエヴァを作るとこうなるという例

エヴァのパクりと言われてるやつ。見てみると確かに酷い、エヴァで見たようなシーンのオンパレード。
特にミサトもどきの紫東遙のおかえりなさいのシーンは吐き気がした。
でも監督の出渕裕は新エヴァに関わっているので許されてるのだろうか?
エヴァスタッフの岡村天斎、磯光雄、安藤真裕、村木靖もこれに関わっている。メインヒロインの声は新エヴァのマリだしなw

エヴァのパクり云々は別としても、とにかくつまらなくて退屈で、7話が限界だった。
エヴァと比べてセンスがダサすぎる。これだけ似てるとエヴァとの差をそこかしこに感じてしまい、チープさばかりを感じて見る気がどうしても起きない。
ラーゼフォンのデザインもあんまりかっこよくないし。口あけて歌うのがダサいw
主人公の性格も古臭い。エヴァよりずっと前のアムロの呪縛から逃れられてない。
アムロやシンジよりもずっと頭が悪いし。この頃の下野紘は演技がヘタクソなのも痛い。

たった7話でも、とにかく見るのが苦痛でしかたがなかった。こんなゴミ見るよりエヴァを見直したほうがずっといい。

各話感想
1話
すべて世は事も無しは「春の朝」の一節なのか。
原文はAll’s right with the world!
パイスラ。
この頃の下野さんは下手やな。
この時代のアニメはiMacよく出てくる。
見た目アスカっぽい綾波もどきが出てきた。声は坂本真 綾か…萎え。
朝比奈さんたちのこと忘れてるw
ミサトさんもどき乱入。
万世橋の隣って万世橋駅は今は無いw
いきなり歌うよー。

2話
OPもエヴァっぽいなあw
この回のコンテの安藤真裕氏はエヴァスタッフ。
やられたキモいロボ味方だと思ってたw
インベーダーとか防衛軍ってのがダサい。
エヴァの戦略自衛隊はよかった。
イギリスアメリカは無いのかよw
やっぱキモいロボは味方だよな。ラーゼフォンと同士討ちか。
日本人はみんな騙されてるのか。
やっぱ1話よりエヴァ感あるな。

3話
エヴァのコアスタッフ岡村天斎回。
母親がゲンドウポジションなのか?
ラーゼフォンのデザインが微妙。
いきなりサードインパクトかw
ゆゆゆはこの設定パクったんか。
背景の出来は良い。
首都消失とさよならジュピターってw
BLOOD-Cみたいなオチになりそう。
猫はもっとリアルなデザインにしろよ。
やっと名乗ったかミサトさんもどき。

4話
エヴァスタッフ村木靖コンテ回。
早くも総集編かw
こっちがゲンドウか。言峰綺礼ボイス。
こいつが綾波もどきか。超不思議ちゃん。
主人公が無駄にキレる時代をひきずってるよね。
朝目新聞。
これだけ戦力差あるのによく今まで無事やったな。

5話
エロいね。
綾人がシンジより頭悪いのがね。
なぜ綾人は久遠だけ信用するのか…。
遙はミサトさん飲みしないの。
こいつがアスカもどきか!
キャッシュレスかよ。
おかえり、ただいまってマジで遙さんだなハルカは。

6話
キムって朝鮮人かよ。
こいつが加持リョウジもどきか?
まーた乗れ乗らないのエヴァ展開。
朝鮮人がすぐキレる嫌な奴なのはいいなw
またエヴァっぽい電車シーンだなw
オーストラリアっていつも被害受けてんな。
結局、葛藤もなく戦っとるやん。
攻撃手段はパンチしかないのか。
ディラックの海www
エヴァ、暴走!

7話。
やっぱこの記者が加持リョウジもどきか。
ラーゼフォンに任せとけよ。
ATフィールド!?
なにも助けてねえだろ。