狂戦士シャロと狙撃手ココア。ってか、ミリオタくっさ

グリザイアシリーズ。劇場版らしいがdアニメでは6話構成のショートアニメになっている。
前作の後の話らしいが、同じ登場人物は風見一姫(タナトス)が少し出てくるくらい。
今回の新キャラは全員好きになれなかった。前作のキャラは割と好きだったんだが…マミさんの中の人が出てるのもあるけど。
特にレナと長髪野郎が気に入らない。レナは戦場ヶ原ひたぎみたいなクールな外見と、中身の幼女みたいな人格が合ってなくて気持ちが悪い。渡辺明夫キャラを見てきて固まりすぎたイメージが自分の中にあるのだろうけど。

話も薄っぺらくてつまらない。そもそも前作からして(ツッコミ所だらけの)バス事故の話以外はつまらなかった。ライターは「無能なミリオタ」だと感じる。
無邪気な少女たちが人殺しをしている倫理的な命題が全く描けていない。それを徹底的に掘り下げたガンスリンガーガールと言う傑作があるが、それと比べたらゴミ以下の出来。
萌えとハードボイルドを両立させようとしているのはわかるが、ライターにそれを実現する力量が無いんだよね。

結論としては駄作だが、ただレナとバックスのバトルシーンはよくできていた。

EDではクラウドファンディング出資者の名前がずらっと並ぶが、彼らはこれで良かったのか?前作のキャラが出てくる続編を見たかったんじゃないのかな。