This is only the beginning…いや作品としてはthe endじゃないの?

dアニメストアで視聴。劇場版第三部。R15指定でdアニメストアでもそうなっている(最近導入された)。
まとめとして同じ黄金時代編をアニメ化したTV版の剣風伝奇とこの劇場版三部作を比較すると、

剣風伝奇
・劇場版よりはカットは少ない。とはいえこっちも結構カットはある。
・手描きだが絵は古い。
・ガッツの声が合ってないと思う。ただ石田ジュドーと玄田アドンは絶品。
・平沢進を起用した音楽のセンスが微妙。

劇場版
・TV版よりカットが多い。ただTV版に無かった部分も結構ある。
・TV版は蝕の終わりの方が描かれてないが、こっちはそれ以後も少し描いている。
・エログロはTV版よりずっと上。
・3DCG。ただし後になるにつれてクオリティは上がる。
・ガッツとキャスカの声はこっちの方がいいかも?ただグリフィスが櫻井孝宏はダメ。小山アドンは全然ダメ。

まず最初の目玉のガッツとキャスカのセックスシーンだが、なんか音楽が合ってないw
ちゃんと描いてはいるが、グリフィスとシャルロットに比べると若干端折り気味なのはなぜなのか…。

TVでカットされたグリフィスの拷問官はバッチリ。これが無いとグリフィスの受けた苦痛の印象が変わる。
ワイアルドはTV版と同様にカット。せっかく劇場版なんだから出せばよかったのに。ゲームでは出ていて声は千葉繁さんらしいがイメージ通りw
逆にTV版に無い髑髏の騎士の登場シーンは沢山あるけど。

捧げる前のグリフィスの苦悩や心情はTV版より詳しく描いているが、捧げずにキャスカと結ばれた将来の妄想をやってほしかった。TV版はあのシーンが凄く印象に残ってるんだよな。

蝕の映像は流石にTV版に勝る。TV版も頑張っているんだけど。
ゴッドハンドのスランがTV版が田中敦子で今回は沢城みゆきとか、いかにもって感じ。
ガッツが腕を切断する所はTV版もちゃんと描いていたが、こっちはさらにリアルでグロい。さすがR15。
そしてTV版は蝕の終わりの方が描かれず打ち切りみたいに終わったが、こっちは最後に髑髏の騎士がガッツとキャスカを連れ去り、キャスカが精神崩壊する様までを描いている。

最後…「This is only the beginning」って出るけど、むしろこの作品はここで終わったと思う…。