もったいない。ストーリーが面白くなるまで脚本書き直せよ

シャフトに帰ってきたGAINAX出身の佐伯監督の作品。
この監督のオリアニは「この醜くも美しい世界」「放課後のプレアデス」を見ているが、共通するのは映像は良いが話がつまらない事である。
そしてこの作品も同様…いやその2つよりさらにずっとつまらなかった。ただアサルトリリィは元々アクションフィギュアシリーズでラノベも出ているので、基本的な設定はあるらしい(「マリア様がみてる」にバトル要素を追加しただけだが…)。

この後にソシャゲが控えているので、話を終わらせられない・キャラを殺せない、という縛りもあるのだろうが(花田先生は自分の仕事はこれが多くてきついと言っていた)それにしても話がつまらなすぎる。作画はいいのに。

とはいえ名監督の佐伯さんとシャフトだけに演出と作画は良いが、元気玉の受け渡しをする決め技のノインベルト戦術はマヌケなだけでどうもかっこよくなかった。

あとやはり監督がGAINAXの人なのでエヴァっぽい・トップをねらえ!っぽいと感じる所がとても多かった。おねーさまー!と言いながら戦ってりゃそうなるわな。ヒュージの設定はまんま使徒だし。

まあこれ見るよりは放課後のプレアデスを見た方がいいね。これもストーリーは微妙だが数段出来は良かった。この手の百合バトルソシャゲアニメって、もう掃き捨てる程あるけど、その中でも話はかなりつまらない方だった。結梨なんか出て来てすぐ死んで梨璃が泣いて…とか、ほんと薄っぺらい。