結論。うる星やつら2ビューティフル・ドリーマーは偉大

2期。
最後まで見た感想は「リトバスはうる星やつら2ビューティフル・ドリーマーを3クールに引き延ばしただけ」だった。同じだーまえのAngel Beats!を3クールにしてループと野球要素を足してトンネル崩落事故をバス事故にしただけとも言える。

2期はまず1期でやらなかった来ヶ谷メインの話から入る。そして1期のお花畑な青春万歳!友情最高!の自己啓発ストーリーを全否定する重い展開が続く。私は1期に嫌悪感を抱いていたのでこれはよかった。しかしその後が…

実はループしてましたー!の種明かし回が10話で、EDにOPを流すのはどうしてもまどかマギカを思い出してしまう(このアニメの放映は2013年)。「それでも俺は繰り返す、何度でも」や11話で「わけがわからないよ」ってセリフもあるしw原作はリトバスの方が先だけど、恭介=ほむら、理樹=まどかって感じ。

バス事故の話はグリザイアの果実にパクられたっぽいね。まぁエンジェリックハウルは実際にあった事件が元ネタだけど。
恭介が世界を創造できた理由の説明が11話のあれだけなのはどうかと…まぁだーまえだからな。

最後、理樹と鈴以外は死んで終わった方が良かったと思うんだが。それまでの話が死ぬ死ぬ詐欺に感じてしまう。あれほど理樹と鈴しか助からないって言ってたのに…それがだーまえというものなんだろうけど。

それと恋愛要素なのだが、理樹と鈴がくっつくのは1期では全く描いてなかったので唐突感があった。幼馴染勝利ルートは珍しいけど。そして最後は二人が本当に結ばれたのかはっきりしないまま、うやむやで終わるのは逃げに感じた。ま、だーまえだからね。

結論としてはこれ見るのに3クールの時間を費やすよりも、同じ内容でずっと短いうる星やつら2ビューティフル・ドリーマーを見た方がいいね。