小阪ちひろの話以外はいまいち

2期。
久々に見たからエルシィが消防車好きという設定忘れてたw

結論から言うとちひろの話以外は面白くなかった。1期はそれぞれのヒロインに魅力があったのだが、今回は春日楠と二人目の悪魔のハクアの話はハズレ。春日楠はあずまんが大王の榊さんと同じにしか見えなかった。
学校でだけエリートだったハクアには、京大を出たものの漫画家として成功するまで時間がかかった作者の苦悩が込められているのかな。

それらとは違い小阪ちひろは他のヒロインとは別格扱いで、いつもと違った展開で良かった。原作では最終的に桂馬と結ばれるそうだが、作者は主人公がモブと結ばれたら面白いんじゃないかと思ってそうしたのかな。

最後の長瀬純の話ではギャルゲーしか興味がなかった桂馬がプロレスの面白さを認めたりと、わずかな変化が見えたのは成長ということなんだろうか。

最終話で一部でネタにされていた杉本四葉(CV:丹下桜)をやっと拝めたが、これはギャルゲーはキャラデザだけで判断してはいけないということが言いたかったのかな。Key作品擁護?タイトルは「One Leaf」だけど。
桂馬がゲーム会社に何も要望を出さずに終わったのは綺麗な終わり方だと思う。最終EDが1期OPなのも良い。
なお音楽についてはEDが映像含めて1期より大幅に劣化したのが残念。落した子が歌うのが良かったのになんで今回は適当なEDにしたんだろう。

パロネタはまいっちんぐマチ子先生は笑った。最後のガンダムパロもちょっと面白かったけど。下野さんがアムロとシャアのモノマネがあまりうまくないのがむしろ笑えた。