水島努が総監督になったせいか1期よりつまらなくなった。原作のネタ切れのせいもあるのだろうが

2期。
水島努が総監督になって、1期と違って絵コンテや演出を一切担当してない。たぶん名前を貸してるだけなんだろう。

この作品は脇役のキャラクターをワンパターンに記号化しすぎていて、個々の意外な側面を全く描こうとしないので飽きてしまう(例えば早苗に意外な一面があるかと思ったらいつも通りの変態でした、そういうのばっかり)。
それでも1期は新しいキャラが次々と出てきたのでボロが出なかったが、2期は新キャラが居ないので急激にマンネリ化した。
元々、脇役たちに魅力があるわけでもなく、渚のメイン回が無かったのは失敗キャラだったのがミエミエである。使えないキャラなら思い切ってイカ娘との関係をガラっと変えてしまえばいいのに。

話も全く面白く無くて、英会話回は本当に幼稚だったし、終盤はネタが尽きてきたのか三バカの発明品に頼りすぎでくだらなかった。
そもそも原作は子供向け漫画なんだと言われればそれまでだけど。セリフの無いミニイカ娘回は本当に完全に幼児向けだったが、本編がつまらないので癒しアニメとして良かったくらい。

最も不快だったのは栄子で、2期になってその口だけキャラがより不快に感じるようになった。イカ娘に対して偉そうにしているのは千鶴の力頼みなので見苦しい(「待ってろ今姉貴呼んでくるから」という情けないセリフもある)。記憶喪失イカちゃんが栄子をお姉ちゃんと呼んだ時に何かいい感じだったので、姉妹百合みたいな関係の方が良かったと思う。

最終話の栄子とイカ娘がケンカするギスギス展開も不快でしかなかった。イカちゃんの方が幼く見えるから栄子の方が大人気なく見えるんだよね(大人じゃないけど)。
タコ娘の使い方も1期に劣る。1期は触手が使えなくなったイカ娘の苦悩を唯一理解できる存在としてのタコ娘の存在意義があったが、栄子を諭すのはタコ娘である必然性が無い。早苗辺りが重要な役割を果たした方が良かったと思うんだが、そうするとキャラ崩壊になってしまう。こういったキャラ性格縛りがこの作品の限界だと思う。

良かったのはメガドラネタくらい。ゴールデンアックス、ボナンザブラザーズとマニアックな所を突いてきた。
あと気になった点は、9話で栄子が泣いていたことから、相沢三姉弟の両親は亡くなってるんだろうな。原作最終巻でも一切触れられてなかったけど。

ただキャラデザ・作画は相変らず良い。アホガールと同じ人だったんだね。作画の良さだけが取柄のアニメに感じた。
七夕回で短冊に「イカ娘3期!!スタッフ一同」と書いてあったけど、だめだったね。