今見るとあまりにベタな王道ファンタジーすぎて邪道のスレイヤーズの方が面白く感じる

dアニメストアで視聴。
伝説的に有名な作品だが、今見ると指輪物語にそっくりの超オーソドックスな王道ハイファンタジーという印象。ベースは指輪物語ではなくあくまでもテーブルトークRPGのD&Dということだが。だからエルフは弓を使わない。でもドワーフとは仲悪いけど。
なおこの作品のせいで日本のエルフは長耳になったらしい。確かに映画ロードオブザリングのエルフは耳が尖っている程度で長耳ではない。

この作品の最大の欠点は主人公のパーンのキャラで、イキリ系の割に弱っちくてろくに成長せず(何度ディードとスレインの魔法に助けられてんだよw二人が居ないと今度はその二人程の魔力は無いエトに救われてるし…ラスボス戦はバグナードとアシュラムの相打ちで漁夫の利を得ただけw)、いつも周りに迷惑ばかりかけてしまう(シャア…じゃなくてカシュー陛下によく怒られるけど)。その上エルフヒロインのディードリットはパーンに一方的に惚れて尽くしまくるし(それは百歩譲ってもシーリスまでパーンを好きになるのは無いわwオルソンの方がずっとええ男やろw)、王たちやカーラが凡人のパーンを特別扱いするのも意味不明。
パーンは巨人化能力の無いエレンといったところで、ただの雑魚でしかない。主人公としては最悪の部類で、ラノベキャラの悪しき前例を作ったのではないだろうか。
「スレイヤーズ」のリナとガウリイの痛快なキャラクターは良かったとつくづく思ってしまう。

他のツッコミ所は、まず戦争で王同士が一騎打ちをするのはどうかと思う。あと最後の戦いになぜレイリアが参加したのだろうか?何の能力も無いようだが…単にスレインが彼女を守るシーンを描きたかっただけなんだろうけど。

作画は非常に描き込まれているが、そのせいであまり動かない。ドラゴン同士の戦いは完全に紙芝居になっていた。
また回によってキャラデザがかなり変わる。古い作品とは言え全13話のOVAなのだから統一して欲しかった。ただしエフェクトの作画は凄い。セル画時代のアニメの方がエフェクトの出来が良いのはなんでだろう。

声優陣はオールスターで、ディードリットがスレイヤーズのシルフィールと同じ人なのがちょっと面白かった。池田秀一さんの出番が多いのでシャア好きな人は見るといいだろう。
あと若本さんはやはりこういう三枚目キャラが似合うと思った。