前回から1年以上たっての続き。だいぶ忘れてきてるが…。
表紙はガハマさん。最終巻の前の表紙のヒロインは…果たしてそうなるのだろうか。終わりの方から読む人多そうだね。俺は普通に最初から読むけど。
最初のカラー絵はヒッキーとヒロイン勢ぞろいでかなりハーレム感あるwいろはが一番八幡の近くで雪乃が遠くにいるが…フリですね。
裏のカラー絵は雪乃とガハマさんが手をつないでいる。二人の友情を表しているのだろう。

以下は各章の感想というよりツッコミ。
Interlude
これ誰のモノローグかわかりにくいな。まぁ八幡だろう。

①しみじみと、平塚静はいつかの昔を懐かしむ。
忖度という言葉好きだね渡航先生。
最初のパロディはストIIか。待ちガイルと俺ガイルって似てるな。
羽生善治並の空気読み合いの結果誰かをハブにするというのは上手いw
ザンギでも唐揚げでもなく焼き鳥で終了、って上手い!さすが並の作家とは違うが麻雀知らないと意味がわからないw
まるで将棋だなキター!予想通りw
ちっうっせーなは國母和宏ネタか。
ポリコレ棒という言葉を使ってきたか。
自意識の化物というのが比企谷八幡を端的に表す言葉なのかな。
もう平塚先生ENDでいいだろ。

②どうしても、一色いろはには確かめたいことがある。
いろはの声はあやねるで脳内再生。ここがいろはすの最後のターンかな?
なんですかそれ口説いてるんですか(中略)ごめんなさい、もこれが最後かな?
八幡は雪乃に対しては「責任」があると。
有能なポンコツと小賢しいクズwwそれ八幡のここまでの雪乃といろは評でええのか。

Interlude
八幡が出て行った後のいろは視点の話。いろはからは告白にも別れ話にも見えるのか。

③最後まで、由比ヶ浜結衣は見守り続ける。
サブタイトルですでにもう敗北決定みたいだが…。
千葉県民、意外にマッ缶飲まない説だと!?
ガハマさんのターンだと思ったらずっといろはといちゃいちゃしてるやんけ!
アーマードコアの新作が出る!ってまだ待ってたんかーい!
次は小町か碧ちゃんボイスで脳内再生。ガハマさんいつ出てくるの。
なんか孤独のグルメネタが多いな。
折本はもう出てこねえのかなあ…出てこなくていいけど。
やっとガハマさん登場。桃色がかった茶髪というがアニメではドピンクなんだよなあ。
さすガハマ。八幡を手伝うことでまだ希望をつないだ。

Interlude
ガハマさんですね。

④あらためて、比企谷八幡はかたりかける。
しばらくガハマさんのターンのようだ。
サイゼきたー!八幡はミラノ風ドリアと辛味チキンとペペロンが好きなようだが俺はワインとピザとパルマ風スパに粉チーズたっぷりだね。
てかさあ…傍から見たら八幡とガハマって付き合ってるようにしか見えないよな…。三浦が結衣を泣かせたら許さない的な方向にもっていけばガハマさんに勝機が見える。
サイゼのピザカッターそんなに使いづらかったっけ?
八幡が小エビのサラダのトマト苦手なのはショック。あれが美味いのに…。
てかさあ…傍から見たら八幡とガハマって付き合ってるようにしか見えないよな…(二度目)。
ここで材木座かwサイゼと言えば材木座なのか…。
つーか12巻に比べてかなり八幡ガハマのラブラブ描写が増えたな…。
サイゼの子供向けメニューの間違い探しとかマニアックすぎるだろ!
困ったときはいつも材木座川崎戸塚やな。
歴史修正主義者w相変らず材木座はおもしれーなー。
一瞬で意図を読んだ材木座の頭脳は八幡に次ぐ存在やな。もはやシュタゲのダル。

⑤いつともしれず、エンドロールは流れ始める。
これガハマさんは八幡と付き合っていると言う既成事実が積みあがってるよな。
あそびあそばせパロとかw
相模の弟登場とは。八幡は秦野の方に己に近い資質を感じているが(二人とも原作3巻に出ているらしいがアニメ組なので知らなかった)。
下級生のいろはのイメージ悪すぎて笑った。
八幡のプロムの方が採用されるオチが見えるな。そしてゆきのんがまた落ち込む。
アニメ化発表されたのに一向に作られないってガーリッシュナンバーのアレか?
高橋ナツコ先生の「言い方!」はワタモテでも結構ネタにされてるな。
次はネカフェデートか…もうガハマさん勝利確定してない?
ディズニーランドは千葉のものだ。

Interlude
ガハマさんですね。

⑥人知れず、葉山隼人は悔いている。
ついにやっはろー炸裂。
意識高い系の極みの玉縄さんの存在感がでかい。
無理矢理オバロネタやっとる。
サウナ用語謎過ぎ。
またサイゼが。
渡航先生は戸部というキャラに思い入れがあるようやね。
葉山への後悔に対する八幡の感情は嫉妬なのか。

Interlude
葉山と陽乃。

⑦レンズ越しに、海老名姫菜が見る風景は。
オタサーの姫wがガハマさんだったら最高だね。なんかげんしけんみたい。
ソロキャンwゆるキャン△ネタやっぱりか。
あらあらうふふのARIAネタは見逃さなかったよ。
海老名さんはカメラ詳しいのか。ここが最後の活躍の場かな。
あーなるほど、恋愛の話をできる人物が海老名さんしかおらんかったか。
ろくろ回し玉縄さんがキャラ変わっているだと…?
ラップバトルwゾンビランドサガとかぶるとは…。
玉縄がそんなに強キャラになっているとは。
GREEの任天堂の倒し方をネタにするとは。
玉縄と折本の成長を描いた回か。つーかサブタイトルに反して海老名あまり出てこなかったやんけ。

Interlude
陽乃対ガハマさん。ガハマさんからやっと「好き」という言葉が出てきた。

⑧せめて、もうまちがいたくないと願いながら。
ラスボス戦。八幡のプロムがダミーであることは完全に読まれてしまう。
ここで自分が雪乃の車に轢かれた事故の件を持ち出して取引か。このオチしかなかったんだろうな。
八幡は雪乃に敗北を認め…雪乃のお願いはガハマさんの願いを叶えること。そうなると二人ともガハマさんのものに?

Interlude
雪乃のモノローグ。

総評。
うーん。12巻から思っていたが、超リア充イベントであるプロムをやるやらないの話っていまいち興味を持てないんだよね。
共感できてこその俺ガイルだと思うんだが…。材木座とその後輩たちのプロムへの嫌悪感の方が共感できるw
共依存の何が悪いのかもわからん。まぁでも12巻よりは面白かったかな。プロム自粛騒動はちゃんと決着ついたし。

で、八幡が誰とくっつくかだが…勝利した雪乃が結衣の願いを叶えるように言ったので、結衣にボールが投げられた形だが、以前結衣が言っていたように本当に「二人を全て自分のものにする」を実行することはなさそうに思える。
次の14巻で終わりだし、八幡はどちらともくっつかずに終わるのではないだろうか?プロム次第かもしれんが…。

ただこの13巻でガハマさんは八幡にずっとべったりくっついている状況で、もう既に付き合っているように見えるのだが…もし八幡が他の女に走ったら結衣の親友のあーしさんに刺されるんじゃないだろうか。
三浦がモデルに協力したのも八幡が事実上、結衣の彼氏だと思っているからだろうし。
八幡と結衣が一緒に教室を出る様子をクラスメートが何度も見ているし、八幡と海老名・小町との会話でも結衣による八幡包囲網は着々と構築されている。これが次巻で全部瓦解するだろうか?小町の誕生日の件でガハマさんの勝利確定のようにも感じる。妹に正式に付き合いなさいと言われてそうするまである。

パロディネタについては、まるで将棋だなとゆるキャン△ネタは予想通りあったものの、個人的に「さてはアンチだなオメー」「軽く死ねますね」も入れて欲しかった。12巻と違って猶予が1年ちょっとだったので難しかったのだろうか。

あと俺ガイルはもうサイゼリヤとコラボした方がいいんじゃないかと思う。