最高のスタッフで作った残念な「三期」。腐女子にまみれながら過去ばかり見ている

げんしけん新シリーズ。しかし話は完全に二期からの続きでそれまでの説明なんか無いので、三期と見做すしかない(予告でもそう言っている)。
以下ごちゃごちゃ書いているが結論としては、腐女子&女装腐男子アニメとしては完成度が高いが、それは私が見たい物では無かったということである。2期まででも腐女子はいたが、今回のように多数派では無かった。
新人の矢島というルックス・性格・画力、全てのパラが低い「現実的な腐女子」のキャラクターも好きになれなかった。げんしけんは美人の会員が多すぎるというここまでの展開のカウンターなんだろうけど。
また二期までの過去の清算の話が多く、12話の矢島の「あの、何かあったんですか?」という新人は蚊帳の外なセリフにそれが集約されている。その埋め合わせか13話は新人メインの話にしているが。
ただ終盤の恋愛話は楽しめたので、この原作者はやはり恋愛を描くのがとても上手いのだと思う。憧れと恋愛感情は違うといった、繊細な心理描写に長けている。11話後半の最大の山場は2期までを見た人は必見で、まさにサブタイトルの「いい最終回だった」の通り。そこだけは前に見ていたけど。
13話で班目の言う「腐も女装も全てオタクである、自由にやればいい」がこの作品の最大のテーマなのだろう。

この三期の最大の問題点は声優陣の総チェンジで、個人的に荻上と班目と朽木の交代は致命的に感じる。
荻上が水橋かおりじゃないとかマミさんファンの私としては許容できないし、くっちーが石田彰じゃないのも致命的。
まぁ荻上役の人は水橋さんの演技に合わせていて、青森出身なので東北弁もばっちりのようだが(でも13話の波戸との会話は水橋さんで見たかった)、石田さんは似せようがないのだろう。福山潤も似せる気は一切無いようでルルーシュの声でやっているが。
班目は興津さんでもハマってると思うが、やはり檜山さんのイメージが強い。
新キャラについては能登さんが凄く気持ち悪い腐女子を演じているのだが、声にキモさが感じられなかった。リアルに腐属性があるような声優が演じないとダメなんじゃないだろうか。逆に上坂すみれは痛キモさが良く出せていたので、ご本人はマニアックな趣味で有名だし、そういう属性があるのかもしれない。

二期まで見ていた自分に最も気になるのは班目の恋愛の顛末だが、班目が振られてすっきりしたと言ったのを見て、ずっと苦しめていたんじゃないかと泣く姿は春日部の優しさが良く描けていると思った。
その後ネットで、原作で班目が最後に結ばれた相手を調べて大納得した。10話の終わりで、後に二人は付き合いなさいと命じた春日部と二人の決定的なシーンがあるし、合宿企画での活躍を見ても彼女は春日部に近いタイプの子で班目にぴったりなのだろう。
班目&春日部ルートが見たい人は「Spotted Flower」を読めばいいが、私は本編で結ばれた二人のその後の方が読みたいと思った。
春日部の彼氏でありながら告白のセッティングを許した高坂の「僕だって班目さんが好きなんですよ」も印象に残る。勝者の余裕と言えばそうなんだろうけど。


監督水島努、キャラデザ谷口淳一郎、制作Production I.Gとパーフェクトスタッフなのでもっと別のものを作れば良かったのにと思う。
でもそのおかげで作画は二期までよりぐんと良くなっている(ギャグデフォルメ演出もあるが)。さすがまどかファンの誇り谷口さんや!コンテに芦野芳晴さんもいるし!
背景美術も出来が良く、部室周辺の廊下の3DCGや東京ビックサイトの出来は素晴らしかった。

あとパロディネタでツボだったのは…
1話の化物語、3話のエヴァ(モザイク…)、4話のアーッ!ベノミクス、5話のまどコス(スーに金髪だからまどかはできないと言うくらいなら、大野さんはコスプレのために髪をショートにした方がいいと思った。現状ではほむらをやるしかないだろう。なお円環の理をLaw of Cyclesと言っているがこれは公式の英訳と同じらしい)、12話の「強いられているんだ!」with集中線とヨスガノソラ(パロと言うよりまんまなんだが。班目が会社を辞めるという背徳的な行為に出たから?一緒にあったピンドラの生存戦略~もそういう意味か)、13話の「すまない、ゲイ以外は帰ってくれないか!」「おっぱいぷるんぷるんちくしょーめ!」(総統閣下シリーズはもう懐かしい)。