うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

にゃーんにゃにゃにゃーんにゃーん

二期も相変わらずゆるくてオチなし、相変わらず森田さん喋らない、だがそれがいい。
このシーンで喋らないのは変だな…と思い始めてきたけど。
でもこういうゆる女子日常って相性が全てみたいで、私はこの作品がとても合うようだ。
ただ唯一気になったのが山本さんの声優の演技が良くないこと。メイン4人の声優が強力なので目立ってしまう。
メガネ娘はAKBなのに演技がなかなか上手いのがなんか皮肉な…。
内容的にはガチ百合っぽいシーンもあり、ほんのちょっとだけ険悪な展開もありと少しひねりを加えているけどやっぱりゆるい。
三期みたいなぁ…。

AB型に対する風評被害?

見る前の「こういうアニメなんだろうな」という想像と全く同じ内容だった。むしろ珍しい。
各声優が該当する血液型のキャラを演じ、スタッフも全員血液型の個人情報を開示させられている血液型教アニメ。
でも自分の過去の経験と照らし合わせるとなんか結構当てはまるなぁ…とか思い始めるのは、洗脳の第一歩なんだろうね。
AB型がいつもオチ要員で(この作品で言う所の)A型とB型の欠点を両方持っているような描かれ方で酷いと思った。

ただ、他のアニメのキャラ設定って、このアニメで描かれてるような偏見に基づいたレッテルで血液型が当てはめられてるよね。
それも結構問題なんじゃないだろうか。

オチも無くひたすらゆるい

メイン四人は花澤香菜・戸松遥・早見沙織・南條愛乃と鉄壁の布陣。
でもなにげにAKBの佐藤亜美菜が一番良かった。声優らしくないやわらかい声がなんか新鮮。最近のプロ声優の演技はハキハキしすぎなのかもしれない。
主人公はしゃべらず心の声オンリーなのは後に出た同じ花澤さんのショートアニメ「となりの関くん」と同様だが、自分的にはこっちのほうが百合百合していて面白かった。
オチの無いゆるさはあずまんが大王の正統な後継作品のように思う。
鬱要素ゼロ(夫婦喧嘩があるけど、すぐ仲直り)なので癒しを求めて見るのに最適。

↑このページのトップヘ