うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

なろうのゴミ、見なくていい。売りのエロ要素もたいしたことない、作画悪いし

なろう系原作。なろうの中でも特に幼稚な内容で見る価値は無い。
エロ要素が売りだがたいしたことはない。作画も悪いし。制作会社のオクルトノボルって何なんだここ。
中世ヨーロッパ風世界観なのに正装で背広を着たりとほんとチープ(背広の登場は近世のフランス革命以後)。無職転生は徹底的に考証してて、窓に板ガラスではなく丸ガラスを使ったりしているのに。同じなろうでも天と地の差があるよな。

世界設定はなろうでおなじみのゲームっぽいステータスがあるやつで、主人公は自他キャラのスキル編集ができるのが特長。
スキルを編集するにはLPというポイントを消費するのだが、これの設定が雑。
スキル編集のために必要なLPが多かったり少なかったりで、その基準が全く無い。
呪いを解くのに8000LP、ゾンビ化解除は500LPとか、それどういう基準でそうなってるの?って。相手が得意なスキルは消費LPが多いとか言うが、全体通してそうなってないように感じるし。

そのLPはエロいことをしたり美味いもんを食ったりすれば上がるが、増える量の基準も不明確。
エロエロしてれば際限なく上がるようだが、だったら断念した8000LPなんて簡単にたまったじゃんって。
エロでパワーが増える設定の健全ロボダイミダラーは同じエロプレイに飽きて上がらなくなるが、こっちはそんなことは全く無くて冗長すぎる。

なんかアニメ見てても、原作者が先の展開や設定をろくに考えず適当に書いているのが手に取るようにわかるんだよね。何も悪いことしてないドラゴンを殺したりとか。普通なろうでも殺す理由付けくらいはするものだが。

OPはお母好きと同じスピラ・スピカが歌っているが、ボーカルの人がなまってて嫌いなんだよね。もう全方向でクソだな。

結論としてはとにかくクソ。それだけ。
富田美憂もクソエロアニメしかメインを張れなくなってきたね。もうすぐ木戸衣吹みたいに消えるだろう。

おにただ!6話からそこそこ面白くなる

ゲーオタの主人公が高飛車ヒロインの指導で脱オタを目指す自己啓発臭い青春物。
俺ガイルの新刊がなかなか出ないので中継ぎとしてガガガ文庫が推していたらしい。
ゲーマーズ!と同様にメインヒロインの声優が金元寿子だが、キャラの性格は真逆。
主人公が陰キャ扱いされる割に周りにヒロイン達を侍らせてるのは、この手のラノベではあるあると言える。

5話まではクソつまらんと思っていたが、6話のみみみがメインの話からはまあまあ面白かった。
8話でみみみが泣く所で友崎がリゼロのスバルみたいにみみみに安っぽいセリフを言わず、傍観者に徹していたのはよくわかっているなと。作者は少なくともリゼロ作者よりは有能だろう。
ただ友崎はみみみに頑張れ(もう頑張れないのに)と言ったり、葵に1位は自分との戦い(2位は眼中にない)と言ったりと失言を繰り返したが、そこを断罪する展開になればより良かった。
しかしみみみ編を掘り下げるともはやみみみがメインヒロインになってしまうので、あれで収めるしかなかったのだろうけど。
11~12話の友崎が葵に反抗して、葵との関係が少し変わる展開も良くできていたと思う。葵は友崎に母性を持って接していたのだろう。

これからってところで終わったが、菊池さんがリスカしているような伏線があったのが気になる。この後は闇落ちするんだろうか?

作画は矢野茜がキャラデザの割にあまり良くなかった。この人が担当したアニメの中で一番悪いかも。
原作のフライの挿絵はウマづらで嫌いなんだが(同じフライの色づく世界の明日からの主人公は酷いブスだった)、だからやる来が出なかったのかな。矢野さんも嫌いだったようでアニメはかなり改善しているが、みんな同じ顔のハンコ絵。

ハーレムラブコメとしてはストーリーはよく練っている方

2期。
ネタバレを見てしまったので、誰と結ばれるのかを知っている前提で見ているが、なるほどねーと思う。
ハーレムラブコメとしては、ストーリーや五つ子トリックなどよく考えられているとは思う。ただカットが多いようで所々おかしいと感じるところはあった。
レナについては声優で正体がバレないように変えているのが姑息(最終話であやねるになったけど)。最初の作者の要望どおり全員あやねるだったら問題無かったのに。

1期で散々言われた作画だが(悪かった理由はプロデューサによるとTBSの発注が遅れたのと、直前で総作画監督が降りたからだそうな)、今回はキャラデザが変わった。ただこのキャラデザがなんだかマネキンみたいに無機質で不気味でどうにも気持ち悪かった。1期よりお色気シーンが多かったがこれじゃ無意味。
作画崩れも1期ほどではないにしても、全くないわけでもなかった。
あとニ乃のショート化についてのOPEDの変更が最低限だったのも残念。

↑このページのトップヘ