うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

世界の中心で金を叫んだら~♪

2期はなんといってもなすの先輩のOPメニメニマニマニでしょう。
サンバっぽくてノリがいいですね。歌詞は金にまみれてますが…。
ただ内容的には1期より少しパワーダウン気味?
まりもの変態百合ネタが影を潜めたのが残念。

お、割と妥当な点数じゃん。

ディスクにプレミアついてるし、どうせこれもここで過大評価されてんだろうな…と思ったら、まあまあの点数。いいね。

まず主人公の声優が酷い。素人レベル。ワクワクさん?しらね。
そしてこの作品のキモの、実は宇宙船の中だったー!は、スタッフ的に単なるマクロスの延長だろう。マクロスの中にいることを知らなかったら…?という発想。
でもネタかぶりした同時期のうる星やつら2BDが偉大すぎて、この作品はかすんでしまってる。

この時代のアニメでも演出とか色々と酷いと思う。うる星やつら2BDは今見ても凄いのに。

この作品がボーカロイドの元祖だ!と信者がネットでわめいてたのがこっけいだったw

○理ネタさえ無ければな…

生○ネタが絶対ダメってわけじゃないけど、クドすぎる。
(例えばげんしけんの斑目みたいに○理がらみの失言の失態がトラウマになってる、とかはいいと思うし)
セリフのピーも多すぎて何言ってるかわからん。
でもそれを除けば、嫌いではない。下ネタも笑いをこらえられないものもある。
キャラクターは新聞部の畑さんが気に入っている。中の人のババア声もとてもよく合っている。
1話の超作画(新海誠パロ?)や最終話のメタな座談会も面白い。

話がだんだんタカトシをめぐるハーレムになってしまうのが気になったけど、まぁいいんじゃないの。

↑このページのトップヘ