うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: アニメ批評_2019

どうせこれも君の名はフォロワーだろうと思ったらギャグアニメだったw

3DCG映画。
この監督は全くの無名だが、同監督のエヴァスピンオフの「新世紀いんぱくつ」は見たことがある。これもエヴァっぽいと感じる所もあった。
内容はターミネーターの未来を平行世界に変えたような話だが、プロットが破綻していて支離滅裂な展開になる。ギャグアニメとして見れば面白いかもしれない。
序盤だけ君の名は。フォロワーっぽいのだが、おそらくスポンサーに序盤を見せて「これ君の名はみたいなやつですよ!だからお金チョーダイ」と説得したのだろう。でもその実体はバトル物なのだが。
ただ、よくある君の名はフォロワーと違い、声にタレントではなく全員声優を起用しているのは良い。悠木碧と水瀬いのりの双子姉妹百合とかオタク大歓喜である。いのりんがここまでの悪役をやるのは初めてのような。

ツッコミ所は多いが、特に公卿の相対というだけで殺された罪のないおっさんたちの死をスルーして、その実行犯のリコと楽しく遊んでるのはひでえと思った。でも一番のツッコミ所はタイトルがストーリーとあまり関係ないところかな。
ラストは死んだ琴莉が後からリンクを切って助かったというのがご都合主義すぎる。メインヒロイン死んだまま終われば高評価したのだが。実は記憶が消えているのかもしれないが、それも良くあるしな。

3DCGモデルの出来はあまり良くないが、風呂シーンは妙に力が入っていた。背景は廃墟のCGモデルがよくできている。街並みでドコモ・AU・ビックカメラ・ルノアール・ABCマート・洋服の青山など実名で出てくるけど許可取ったんやね。

つまらなすぎる。まさかMemory Snowの方が全然マシとは…

dアニメストアで視聴。
氷結と言うとキリンの氷結を思い出してしまう、はベン・トーで言われているな。

内容はエミリアの過去の話。というか内容は無い。雪山にいた頃のエミリアがパックと契約するだけの話。
ギャグ話だったMemory Snowの方が全然マシだった。

作者がメインヒロインのキャラを立てようと必死にテコ入れしてもさっぱりキャラの魅力が増さないのは、無学歴の作者に実力が無いからなんだろう。そうでなければ精肉業の作業員などやらんわな。
まあこのエミリアという八方美人キャラに根本的に魅力が無いのも確かなんだが。

作画はエフェクトに力を入れてるんだが、なんかあまり上手く見えない。

「独房で三日間発症しなければ危険はない」というセリフをこのチャイナウイルス禍で聞くのは辛い

dアニメストアで視聴。TV版から半年後。
無名が伊駒にラブラブすぎるよなあ。半年間に色々あったってことなんだろうけど。1クールでやれれば恋愛描写をもっと自然に出来たんだろうね。

伊駒の「いいから俺に調べさせろ!」って進撃の「いいから黙って全部オレに投資しろ!」のパロディだよね。こういうのはやめた方がいいと思う。
洞窟で伊駒が無名を助けに来る所は距離的に無理に感じた。

…結局、1時間ちょいで無名を人間に戻すのは無理だった。「誰かを思いやる心を無くさなければ大丈夫」でお茶を濁して終わらせたのは笑った。最後みんなで踊ってるし…。あの後にカバネを全部駆逐して平和になったから踊ってます、ってことなの?

売りの作画は無名がスタイリッシュに戦っているシーンは相変わらず凄い。他は普通に良いくらい。
あとEDが和風ソングだったのは良かった。TV版で音楽が和風じゃないのが不満だったので。

もうインフィニットとStudio 3Hzは久弥直樹を起用するのをやめれ!良作画がもったいない!

dアニメストアで視聴。
現代のアメリカのような都市を舞台にした、アメコミ調の忍者ヒロインのオリジナル映画。モロに欧米市場狙いな作り。
「ふーん、3Hzのオリジナルアニメか…脚本は…ハヤシナオキ…げえっ!天メソの久弥直樹じゃねえか!オワタ…」これが全て。

この人はとにかく心情描写、心の移り変わりの描き方が支離滅裂で、リリィがミアを殺そうとした後に「ミアー!」とその身を案じるように叫んだりと、登場キャラが情緒不安定にしか感じない。殺意と友情の間のアンビバレントな気持ちを描いたつもりだろうが、意味不明なだけ。
まあそれでも天体のメソッドの反省からか、今回はそれよりはクセが抑えられているけど、その結果…

忍者の孫娘が祖父と父を殺される→仇の少女をみつけて復讐しようとしたが友達になっていたので果たせない→その仇の親父と戦って勝つ→その親父のスポンサーだった黒幕との戦いはこれからだ!

ほんと、これだけの内容。良くも悪くも尖っていた天体のメソッドからクセを取り除いたら、ベッタベタで何の特徴もないヒロインバトルものになってしまった。
久弥直樹なんかもうKanonの時代の人で、オタク史に残すレベルの過去の存在なんだよ。もうこの人には引退してもらって、若手に任せろよ。ゾンビランドサガみたいに。

作画についてはバトルシーンは良いけど(ただ3DCGはクソ、こんなの海外じゃ失笑されるレベル)、キルラキルっぽかった。

「私、〇〇じゃないんですよっ!」エロゲ原作アニメはこうあるべき!

TOKYOMXで視聴。…これよくやれたなぁwでもセックスシーンは未来日記や東京喰種:reの方がもっと露骨に描いてたけど。桜のオナニーシーンの方がよくやった感ある。
それでも桜の「私、処女じゃないんですよっ!」というストレートなセリフが素晴らしい。映像化する場合、普通は慎二にレイプされてきた事とかはボカすものだろうけど、その辺もはっきり描いていて良い。
エロゲアニメはこうあるべきなんだよな。

UBWは説教臭くてヌルくて退屈でオコチャマ的ヒーローご都合主義ばかり感じたが、こっちは完全にアダルト向けに作っているので、Zeroと同様大人が楽しめるアニメに仕上がっている。
Zero好きには大河が話す切嗣の話をイリヤが聞くシーンはぐっとくるものがあった。UBWでかませだったライダーやイリヤが救済されていて良かったね。

バーサーカーとセイバーオルタの圧倒的なバトルシーンもいいが(バーサーカーも何度も復活して粘ったが、オルタの火力が戦術核並みw)、ほのぼの日常シーンも良かった。ちょっと衛宮さんちの今日のご飯を思い出した。凜とイリヤは士郎と桜がセックスしてるのを知ってるのだろうか…。
桜がお姫様の妄想をしつつ冬樹市で人々を殺戮する壮絶な演出も良いし、最後に慎二が桜にばっさり殺られたのもスカっとしたね。あれで桜が闇落ちしたからワカメも一応重要な役割を果たしたわけだし。

何もかもUBWより良いって感じだけど、ここまで来ると逆になぜUBWはあんなに駄作だったのだろうかとすら思う。同じ原作、同じ制作会社なのにね。
UBWなどの他のルートはHFを楽しむための前座だと思うしかないのかな。

FateはZeroしか面白くないと言ってきたけど、今後はZeroとHF第二章以外は面白くないと言うようにしよう。衛宮さんちの今日のご飯も好きだけど。

↑このページのトップヘ