うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: アニメ批評_2017

シャフトと神前暁の無駄づかい

TVはカットが多そうなのでツタヤでレンタルして視聴。全然見る気はしなかったのだがシャフトファンの義務として見た。

メイン2人の声は予想通りだめだが(広瀬すずはバケモノの子に出てただけまだいいが男の方はクソ)、棒読みより中学生の声じゃないのが痛い。キャラデザも中学生じゃないけど。もちろん渡辺明夫さんは中学生らしく描けるはずだが、大人びさせろとクソプロデューサーに言われたんだろうか。

原作が小学生なのを中学生にしてるせいで、当然の如く登場人物が子供っぽくてアカン。原作チョイスミスでしょ。プロデューサが君の名は。と同じ人だけど、タイムリープ物ならええやろくらいしか考えてないんだろう。
そういうガキ共のドタバタを序盤からずっと見せられて萎えてしまう。タイムリープするまで大きな展開も無いし、早く終わんねーかなと思ってしまう。
タイムリープしてからもさほど面白い展開にはならないのだが…タイムリープ物でこれほどつまらないのは珍しいのではw
結局唯一良かったのはシャフト演出を効かした「瑠璃色の地球」を歌うシーンだけという…。
それにしてもなずなはこんなぱっとしないチビのどこがいいのだろうか…。

作品テーマは「女と違い男は考えてしまうので覚悟するのに時間がかかる」だろうか。あと外房の千葉県民の東京への憧れ。
作画はいいし音楽も神前さんなのにもったいない。作監で大塚舞さんがいたのはちょっと嬉しかった。シャフトに帰ってきてくれー。

あとこの作品以後、新房監督が半隠居みたいになってるのが気になる。マギレコはアドバイザーだし、アサルトリリィとルミナスは佐伯さんだし。

アンドロイド少女との恋愛物好きなら必見

dアニメストアで視聴。

本編より六千年前の前日譚。ただ登場人物は本編のキャラを模している。声優も同じ。テトやジブリールは同一人物だけど。
コロンはステフのご先祖様なので似てるのはわかるが。ステフの青い宝石はTV版でちゃんとつけてるね。ノンナとクラミーとかなんで似てるのかわからんのもいるけど、輪廻転生しているキャラもいるんだろう。主人公のリクが最期に、次こそは~みたいなことを言うし。

絶望的な世界設定なのに本編同様エロネタが多い…シュヴィの「穴、無いけど」はストレートすぎw
シュビイは穴だけでなく乳首も無いっぽい。本編のしりとりで乳首のありなしにこだわってたくらいだしね。

ストーリーや世界設定はぶっちゃけわからんことが多かった(花田先生がまとめるの上手くないのかなあ…いしづか監督はよくこの脚本家でよりもい作ったわ)。最後は唯一神テトの力で無理矢理本編につなげた感がある。

まあでもアンドロイド少女との恋愛物としてはプラスティック・メモリーズよりはずっと良かった。つーかプラメモはロボ少女恋愛物最低の駄作だと思う。ちょびっツとかを見てもそう感じた。

作画はとても良い。背景美術、エフェクト、3DCGの完成度は素晴らしい。さすがマッドハウス&いしづか監督。

終盤の展開をもっと前に持ってきた方が良かったのでは?

スクールガールストライカーズを見たので同年のこっちも見た方がいいかなと視聴。結論としてはスクールガールの方がゆるいギャグがツボだったので面白かった。ただどっちもただのクソシャゲアニメだと思う人がほとんどだろうし、それに反論する気は無い。

このアニメは簡単に言うと「魔法少女まどか☆マギカ」「結城友奈は勇者である」「ビビッドレッド・オペレーション」を足して3…30で割ったような内容。ソシャゲ原作なのでレギュラーキャラは19人もいるが、それ以上増えることは無く、中1から高3までグループに分かれていてメリハリはあるので意外と苦にならなかった。ただ全学年の子を1つの教室に居させるのはどうかと思うが。

世界設定は、地球は過去に一度滅ぼされていて、神樹に選ばれた少女たちが変身して未知の敵と戦う…というのが結城友奈は勇者であるに似ていて気になった。でも見ているとほむらもどきのミサキがまんま暁美ほむらで、そっちの方がひっかかる。
まずいのはストーリーのキモがそのミサキの正体だけしかなく、それが明かされるのが10話終盤なのでそこまでがとてもダルく感じてしまうこと。
つーか異世界人のミサキがなんでフォルテッシモのファンだったのかが謎。向こうの平行世界でもフォルテッシモが敵にやられるまでは活動していたのかもしれないが、向こうとこちらの星月姉妹が違っているように、向こうのフォルテッシモの二人も違うはずなのに、こちらの世界の曲をすぐ真似できたのは謎過ぎる。こっちに来て短期間で振り付け完コピできるほどのファンになったということか…苦しいなw

終盤までの中だるみはあったが、雑破業さんの担当回は狂気を感じてちょっと面白かった。6話の盗撮とかもう入れ替わり関係ないやろ!とツッコんでしまう。この人がシリーズ構成の神田川JETGIRLSやネコぱらもこんな感じだったな。

ソシャゲだけに声優陣は豪華。OP「ホシノキズナ」は声優陣19人で歌っているが、アニメ史上最も声優陣が豪華なアニソンじゃないだろうか。ただ一斉に歌ってるから声が判別できなくて意味が無いのだが…。

作画についてはキャラデザが山本周平さんなので、見た目は同じ山本さんのビビッドレッド・オペレーションに似ている。しかし作画の質はビビオペに大きく劣り、終盤の大事な所で崩れてしまうのが残念。
最後にミサキが元の世界に帰らないのは、唐突にドアが出て来てさっさと帰ってしまったビビオペの黒騎れいに対するあてつけなんだろうか。でも向こうの世界は荒廃しているんだし、ミサキは再建のために姉と一緒に帰るべきだったと思うが。

バカテス+俺ガイル+巨乳エロ要素。ただその巨乳エロ要素を評価するw

バカテスと俺ガイルを足しただけに感じて1話切りしていたが、全部見てみた。
見終わった感想としては、やっぱりバカテス+俺ガイルだった。設定はバカテスと全く同じな上に、7~8話のギャグ回はまんまバカテスのムッツリーニのノリ。
キャラクターについても綾小路=八幡を筆頭に、須藤=戸部、平田=葉山、軽井沢=あーしさんに見える。

ただ最初の印象よりは面白かった。その辺は岸監督の手腕だろう。ごちうさの監督もいるけど無視。妙に巨乳エロシーンが多いがキャラデザが良いのでお色気アニメとしての価値は高い。
閉鎖空間での学生の派閥争いを描いているので無限のリヴァイアスにも近いと思う。OPの曲名「カーストルーム」は秀逸。

ただやはりツッコミ所はあって、美少女二人と勉強会とか席立つ男いねえだろ?綾小路が櫛田の本性を人に話しても誰も信じないだろ?なんで一ノ瀬さんが綾小路にニセ彼氏のお願いするの?須藤の査問で平田でなく堀北と綾小路が出席したのはなぜ?GPSがあるにしてもあのタイミングで警察と一緒に佐倉を助けに来られるわけないだろ?綾小路はなにしれっと3馬鹿に加わってるの?川の水は煮沸して飲むべきでは?
そして一番謎なのが、綾小路はパンツ泥棒を平田に見逃してもらえなかったらどうするつもりだったのか?ラストシーンで他の奴は道具だ、勝つことが全てとか冷酷でマキャベリズム的なことを言ってるけど、あそこで平田の好意がなければ高校生活は終わっていただろう。
あと綾小路の「俺は諸葛孔明でもなければ黒田官兵衛でもない」というセリフは頭悪すぎw一国の丞相と秀吉に干されてた謀臣の一人を同列に扱うなよw西洋の文人のセリフを散々引用してるが、こういう所でボロが出て付け焼刃知識がばれるんだよね。作者としては策士の主人公が一人で問題を解決する話じゃないということが言いたいんだろうけど、最後の無人島試験では結局綾小路一人の機転で大勝利しているし。

声優については、鬼頭明里はこれが初メインだったが、ここからまちカドでようやく個性を発揮できるようになるまで時間かかったね。堀北は原作で不人気らしいしとんだ貧乏くじだった。そもそもラノベで黒髪ロングツンデレのメインヒロインって軒並み不人気だよな…。
あと綾小路の棒読み演技はほんと何とかならなかったのかと。月がきれいはこうじゃなかったのに。同じ岸監督作品なのだが。

CYBORGじいちゃんG+ウルトラ・スーパー・デラックスマン

GANTZの作者のヒーローもの。GANTZの作者にしては努めて「普通のヒーローもの」にしているのだと思う。大筋は正義のおっさんヒーローが活躍する勧善懲悪物で、心温まるいい話、犬屋敷と安藤のコミカルなシーン、獅子神が恋人と空を飛ぶスーパーマンのオマージュのような素敵なシーンもあるが、一方で話題になった一家惨殺をはじめGANTZのようなムナクソ悪いシーンも多い。終盤の大虐殺はムナクソ所ではないが。癌患者の辛さの描写が多いが作者の身内に癌の方がいるのだろうか。

制作はMAPPAでキャラデザはGANTZも担当したリアル系作画最強アニメーター?の恩田尚之さんなだけに作画は良いが、後半はモブが崩れていた。3DCGも多用していて、10話のホーミングレーザーを駆使したバトルシーンはPS1のオメガブーストを思い出した。

話の内容については、出だしの宇宙人が事故で人間を殺してしまい、超技術で生き返らせる展開はDr.スランプのターボ君を思い出した。←古っ!
GANTZファンの安藤が正義感の強いまともな人間なのは作者の手前みそに感じるw獅子神はGANTZがネットで叩かれてるのを鵜呑みにしているような奴だから凶悪なサイコパスなのだろう。6話の2ちゃんねらー大殺戮はGANTZが叩かれている時に作者がやりたかったことなのではないか。
獅子神はワンピースのファンだが、作者はワンピの「仲間以外の生死はどうでもいい」を批判しているのだろうか。実際に獅子神は最後までそのポリシーからブレずに行動する。GANTZでは北斗の拳をdisっていたな。

そして問題のラストだがアルマゲドン以外にできなかったんだろうか。宇宙人と戦う、だとGANTZと同じになるから避けたんだろうけど。
それでも破綻してたアニメのGANTZよりは11話で綺麗に終わっているので、GANTZよりは良いアニメだと言えるだろう。

声の演技については獅子神の棒読みが酷い。犬屋敷の焦った時の声が甲高いように感じたが、ベテラン俳優だけに自分の能力にうろたえたり驚いたりは声優とは違う自然な演技で新鮮だった。声優のわざとらしい演技が嫌だという意見もちょっとわかる。

↑このページのトップヘ