うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: 書評

「愛と幻想のファシズム」は新世紀エヴァンゲリオンのモチーフになった作品だということで気になっていたが、ようやく読破した。
結論を言うと、この作品とエヴァは別に似ていない。
もちろん言われているように何人かの登場人物の名前はエヴァで流用している。以下、箇条書きで記述する。

鈴原冬二
主人公。狩猟は人間の最大の喜びと主張し、農耕社会から発展した日本を嫌い、政治結社「狩猟社」で人間社会を狩猟社会に戻すことを目指す。ヒトラーを部分的に評価している。
エヴァのトウジと同じ名前だが、人格は全く異なる。碇ゲンドウの方が近いが、ゲンドウともだいぶ違う。ゲンドウは妻のユイ復活のためにネルフを率いているが、冬二は狩人としてアメリカを狩るために戦っている。

相田剣介
主人公の相棒。冬二を政治活動に巻き込んだがその後は精彩を欠く。ある時に冬二にナチスのゲッベルスのようになれと言われ、狩猟者の宣伝部担当になってからは目覚ましい活躍をする。しかし最後は…。
エヴァのケンスケと同じ名前で、人格も割と近い。ダメ人間だが冬二と腐れ縁で付き合っている所は通じる。

洞木紘一
右翼の元編集者。物語前半は冬二の参謀で狩猟者のナンバー2ポジションだが、凄腕ハッカーの飛駒が出て来てからは影が薄くなる。
個人的に「日本はなぜアメリカに降伏したのか、陛下が殺されたかもしれないのに!」という美しい台詞が印象に残った。
洞木ヒカリと名字が同じで、性別は違うが真面目な委員長的ポジションなのは同じ。

山岸良治
クロマニヨンという狩猟社が擁する武力集団を率いる有能な若手。
サターンのエヴァゲーの山岸マユミと名字が同じだが、私はこのゲームはやったことがないのでわからん。

時田史郎
序盤の協力者で関西弁のおっさん。用済みとなって早々と粛清される。
エヴァの時田シロウと同名で、道化みたいなポジションなのも同じ。

エヴァと名前がかぶってるキャラは以上で、トウジ以外は性格はある程度は一致する。
それ以外の共通点としては、この作品に出てくる片山という医師が「人は他人から見た自分も認めなければならない」といったことを言うが、これはエヴァに強く影響を与えているのは間違いない。

が、エヴァとの共通点は以上で、挙げた点を除くと全く違った系統の作品である。これより同じ村上龍の「五分後の世界」の方がずっとエヴァと似ていると思った。

この作品のコンセプトはただ1つ、「反米」である。80年代の作品で日米貿易摩擦が叫ばれた時代で、まだ安保闘争の空気も残り、反米こそ正義みたいな空気があったのだろう。思考停止した反米主義が全編にわたって描かれ、現代人から見るとバカみたいとしか思えなかった。しかもその反米の根源は「富める欧米に対する嫉妬」であり、作中でそう公言している。

作者の村上龍氏は右派であり、YouTubeの動画でも原発再稼働容認派であることが分かり(再生数少ないけど…過去の人だね)かなりの保守に見える。この作品でも左翼政党や労組を百姓だと徹底してこき下ろしていて、そこは留飲は下がる…が、村上龍は左翼根性を日本人の本質として、日本を徹底的に見下して日本には世界に誇る文化が無いとボロクソに叩いている。
日本を卑下する村上龍には愛国心などさらさらなく、むしろ左翼過激派の原理主義者、イスラム国やアルカイダに通じるように感じた。彼の理想とする国は北朝鮮としか思えない。アメリカと戦争すると息巻いている金正恩と全く変わらない。作者は石原莞爾をリスペクトしているようだが、冬二は石原莞爾と対立しアメリカに勝てない喧嘩を売った東条英機の方がずっと近い。

物語の最初に冬二がアニメーションを見て、これは奇形児が己の欠けた部分を補うために作るものだと貶している。この作品がアニメのエヴァの元だと言われるのは不快極まる。村上龍はアメリカはコカコーラやマックのような世界に普及したグローバル文化があるのに、日本にはその程度の文化も無いというが、日本には優れた自動車・家電製品・ゲーム・アニメなど、世界を魅了した文化が存在するのだが。無知な村上龍は何も知らないのだろう。まぁこの作品の成立が80年代ではなくもっと後であれば、日本のゲームやアニメが世界を席巻していることに気づいたかもしれないが。ともかく「狩猟だけが素晴らしく、他の文化は何の価値も無い」という冬二の主張には全く共感は覚えなかった。

物語としては鈴原冬二が日本を変えるために、手段を選ばずに政権奪取を目指すという政治経済をモチーフにしたピカレスク物語なのだが、千ページあるのに「巨大なる祈り」で政権奪取が見えた辺りで終わってしまう。ラスボスのジェローム・ウィッツと冬二が会うこともない。せめて実際に政権を取るところまで書けや。つーか勝利の決定打が飛駒の作った3DCGの捏造映像とか陳腐すぎる。飛駒の能力がチートすぎてなろう系かと思う。

この作品は作中で名前が挙がる「世界最終戦論」と「時計仕掛けのオレンジ」の受け売りみたいなところがあるので、その2作品に触れて、この作品は別に読まないでも全く構わないと思う。エヴァファンだから読むなんてしなくていい。それよりスキゾ・エヴァンゲリオンとパラノ・エヴァンゲリオンを読むべきだろう。

アニメ3期はこの12巻から!


(以下の内容はネタバレ全開です)
前回
からちょうど1年後の最終巻。
後ろから読む人も多いんだろうけど、ちゃんと前から読む!
帯の作者コメント…俺ガイルフレンズって何やねん、すっごーい!
表紙のゆきのんは置いといて、最初のカラー絵は前回入れなかった脇役たちか。
裏は雪ノ下姉妹。

Prelude1
呼び出されたのは結衣だけど呼んだのは誰?一人称は私だけど。

①それでも、比企谷八幡の日常は続いていく。
八幡って化粧水使ってんのかよ…どこが陰キャだw
小町との会話が続くが、小町って客観的に見てどの程度のルックス評価なんだろうか。ぽんかんの挿絵は全部同じ顔(ry
最後だしパロネタはセーブしてんのかな。Keyネタがあったけど。
戸塚が一番の友達かw最初のカラー絵でも材木座より右にいるしな。
三バカの戸部はわかるが大岡と大和ってどういうキャラかわからんな。
鴨川シーワールドのCMネタとかわからねーよ。
八幡ってアイカツおじさんだったか。
さて問題のガハマさんのターンですね。まだ40ページでいきなり来るってことはもう終わりなのかな。
Prelude1で呼んだの雪乃だったか。
俺ガイルにしては珍しくいきなり切り込んだね。結衣の願いは。
結衣の願いは八幡の願いを叶えること、と。ボール投げ返した。

Prelude2
1の続き。雪乃が綺麗という描写は多いんだよね。ぽんかんがもうちょっとどうにか(ry

②いずれ、この関係性にも慣れる時がくる。
まだ結衣のターンか。
材木座と三浦…会ってはならない対極の存在。
三浦っていい人なんだっけ?相模とかよりはマシという認識だが…。
がんばるぞい、まだネタにするか。
14巻初やっはろー。
打ち上げは川崎は呼ばんの?
「八幡に友達はいないぞ」by材木座
あゆのうぐぅ好きだね渡航先生。
ダミーサイトをすぐ消さなかったことが禍根になる?
でた上級国民www

Prelude3
由比ヶ浜結衣、たった一人の、私の友達。
猿の手の元ネタは化物語じゃなくてそれ以前の…何だっけ。

③きっと、その香りをかぐたびに、思い出す季節がある。
打ち上げ開始。やっぱ最終巻だからテンポ早いね。海老名も来たのか。戸塚は来れなかった?
この空気だと戸部が居たらよかった感じ。
いやーでも、ここまで気まずくならないんじゃないの渡航先生、って原作者がそう書いているんだしどうしょうもない。
やっぱオタ男子に話しかけてくれるのは海老名さんだよな。
気乗りしない合コンみたいなクソ会話、まったく。
アナログゲーオタク相模弟www
やっと戸部と戸塚と葉山襲来で陽キャの流れに。
葉山無双www陰キャは陰キャの先輩を尊敬しない。
八幡のクズセリフ、これが聞きたかった。
三浦が八幡にダイレクトアタック!!!!八幡は結衣をどう思っているのか?
八幡の回答は「善処する」
マイルドヤンキーとイキリオタクって精神構造同じw
牽強付会ってよくそんな言葉知ってるな八幡。
解釈の割れる「男の意地」。
ガハママってアニメ出てたはずだけどもう記憶にないんだよな。
おちこぼれフルーツタルトって無理にネタにしてないwまだアニメやってないしw
ガハママお菓子作りのプロ過ぎるわ。
やはりヒッキーが好きなのは梨か。ただし千葉とは関係なく。
八幡母も死んだ目をしているのか。
ガハマさんのエプロン挿絵!これでこの後八幡に振られるのだろうか。
結衣は父親嫌いなん?
ハズキルーペネタ。
三浦の問いに対しては否定的やな。
なんかこの章長かったわ。

Prelude4
やっぱ現状維持ENDかな。

④そして、雪ノ下雪乃は静かに手を振る。
あっ…八幡、結衣とずっと一緒にいる気がない。
いろはすはあとどんくらい出番あるんだろうか。
城廻めぐりのことモロに忘れてたわ。
プリキュアってそんなに泣けるのか。
八幡のツイアカってフォロワーどんくらいいるんだろ。
八幡はプロムの音響担当。踊らないんか。3年じゃないけど。
おなじみ八幡の有能タイム。
八幡と雪乃との会話ぎこちなさすぎだろ。
ババアよばわりw3期であやねるの声で聞きたいね。
ようやくいろはすのごめんなさい炸裂。全部終わってからならOK。
八幡といろはすの2ショット挿絵だけどいろはすの表情がちょっと。ぽんかん先生…。
ハニトーをディスってるw所詮はただのパン。
12巻に続きまた結衣とダンスするのか。ゆきのんと踊るのかと思ってたんだが…。
ここで最後にゆきのんが手を振るのが表紙絵…かと思ったけどカバンもってるんだよな。

interlude
ゆきのん。
プロムが終わり、ここで前半終了。

⑤颯爽と、平塚静は前を歩く。
ゆきのん政治家目指すのか。親の地盤があるからええな。陽乃はそう簡単には認めないようだが。
本物とは何なのか。
雪乃の選択は代償行為でしかない。
プロム終わったらずーっとシリアスやなあ。
初芝wwwロッテネタ。ロッテなら誰でも入れるってワタモテネタじゃん!
なりたけw背油入れすぎで苦手。渡航先生はよく食ってるようだが。

⑥いつかのように、由比ヶ浜結衣は希う。
ガハマさんの名前が入った最終章。死刑宣告?
奉仕部の小町ちゃんは見てみたいけどねえ。
結衣を綺麗と言ったのは久々じゃない。
どうして八幡はサウナに詳しいのか。
かっこいい言い回しをやめた八幡。
「お前はそれを待たなくていい」by八幡これがガハマさん死刑宣告?

interlude
ガハマさん終了。結衣の恋は終わった。

⑦想いは、触れた熱だけが確かに伝えている。
本物のプロム!
八幡のハッタリ炸裂。
雪乃を挑発しつつ助けを乞うことで引き込む作戦か。
八幡「お前の人生歪める権利を俺にくれ」「諸々全部やるから、お前の人生に関わらせてくれ」これが告白。
雪乃「あなたの人生を私にください」はい結ばれました。

⑧もう一度、その扉は開かれる
八幡とゆきのんラブラブだね…ガハマさん…。
雪乃のメガネなつかしいな。
ハチユキのイチャイチャ描写が続く…。
主夫になる夢は捨てたか…。
撮る前に飲んでしまったゆきのんのドジっ子っぷりよ。
「控えめながら腕を絡めてくる」とか急にラブラブすぎない?
ガハマさんは最後か。
いつのまにか作中でも令和になってる。
また3人で、と言うけど、こう明確に八幡と雪乃が結ばれてしまうとね。
軽く死ねるわ、というセリフ、よりもいの軽く死ねますねと同じ声優なんだよなあ。
ウインクの寂しい熱帯魚とかネタ古すぎw
どうして俺ガイルはサウナ推しなのか。

interlude
ガハマさん…。
いろはすと小町って初対面なのか。小町がハチユキを見て寂しそうだけどガハマ推しだったんだな…。
ああーこの小町といろはの会話、はよ碧ちゃんあやねる声で聞きてえ~ってカットされるか。
敗れたガハマさんはこれでフォローされたのだろうか。

⑨その青は、月日に色あせても変わらず青い
雪乃と八幡がパートナーとか言いあってる、俺ガイルとは思えない展開。
結衣は何が言いたかったのか。
合同プロムでハチユキが踊るのかと思ったがしないのか。平塚先生と踊るとはw
一番最初のレポートの話か。
雪乃にあらゆる感情を向けて共有することが、本物?
「あなたが好きよ、比企谷くん」

⑩だから、比企谷八幡はそう言った。
財津くんw材木座の名前覚えろよゆきのんw
ハチユキのなりたけデート見たいw
そして、小町が部長の奉仕部が始まる。

あとがき
短編集、アンソロ、それ以外にも続きを何か書くかもしれないと。
君がいるから俺ガイル!

総評。
雪乃ENDでした。まぁすでに結衣ENDを書いているからやっぱりメインヒロインENDか。
13巻からは結衣が八幡にべったり寄り添ってたけどヒッキー攻略できなかったねガハマさん。12巻で八幡が結衣にそっけない態度だったけどそれが全てだったか。
デレた後の雪乃は戦場ヶ原ひたぎみたいだった。
かつて東山奈央がガハマさんが振られる夢を見たと言ってたけど、正夢だったね。
結衣を振るならもうちょっと早く振ってやれよとも思った。あーしさんが八幡にもっと早くはっきりしろと言えばよかったんだろうが、結局八幡の背中を押す形になったね。

ページ数が533とやけに多かったが、俺ガイルにしては会話が多い巻で短文も多く空白が多かったからだろう。サウナ語りはいらんと思ったがw
あと最近のアニメが不作のせいでパロディネタ不足で困ってる感があった。

少し気になっていた本だが、ようやく読み終えた。
内容は主人公が日本がポツダム宣言を受諾せずに徹底抗戦して、連合国に分割統治されてしまった世界に転移してしまう話。小松左京の「地には平和を」に似た設定である。
この作品も地には平和をと同様、どう考えてもSFなのだが、村上龍はSFを蔑視しているのか知らないがSFを称してない。

村上龍はアメリカに依存する現代のふぬけた日本に憤りを感じていてこの作品を描いたのだろう。日本人は史実の中途半端な敗北ではなく、徹底的に叩きのめされて目が覚めた方が良かったのだというメッセージをひしひしと感じる。だからこの作品に出てくる、日本を称するアンダーグラウンドの「日本人」達はみな凛としていて、とても魅力的に描かれている(皇族はスイスに亡命しているという設定)。現実的には国際的に孤立しているアンダーグラウンドがあのような近代的な社会を築けるわけがないと思うのだが。

特筆すべきはワカマツという音楽家だろう。彼が語る「モーツァルトを聴いてなお作曲しようとする者は傲慢だ。ただし既存の物からの『組み合わせ』において新たな創造ができる可能性はまだある」というクリエイター論は心に残る。これは現代の創作論にも通じる普遍的な真実と言える。

なお庵野秀明は村上龍に大きな影響を受けたそうだが、ワカマツはカヲル君でオールドトウキョウは旧東京の元ネタのように感じた。一番影響を受けているのは「愛と幻想のファシズム」らしいけど。

作中では地上戦シーンが何度か描かれるが、その描写は非常にグロテスクでスプラッタで、耐えられない人も多いと思う。読んでいて気分が悪くなることが何度かあった。これが戦争の現実なのだろうが。

この作品の最大の欠点は最後「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わってしまうこと。主人公が元の世界に帰って終わりで良かったと思うんだが。非国民村の住民が能を演じる滑稽な描写の後にあっけなく終わるのでなんかしらけてしまう。

あと改行が少なくて読みづらかった。ただそのおかげで本が295ページとコンパクトに収まっているのは良かったけど。空行だらけだと無駄にページ数多くなるからね。

7巻から11カ月ぶりの新刊で秋の風物詩になっている。
表紙は原点に返ってココチノ。今回登場のあんこに似た猫もいる。裏表紙は新キャラ。背は青山さん。9巻はモカとして10巻は誰になるのか…。
中表紙は青山さん。Koi先生から青山先生だけはレギュラーから外さないという強い意志を感じる。しかし次の卒業旅行ルックのキャラ紹介では大人組はゼロ。

1話
カラーページから始まる卒業旅行編。
双子の新キャラ登場。
千夜がココアにアタックするも直後にラブラブのココチノ。
最後に追加で青山さんと真手さん。

2話
電車で酔うとか千夜はひよわすぎ。
肖像画は伏線だろうか?青山さんの実家?
千夜って余ってるからいろんなカプ組まされるよね。

3話
そもそも寝過ごしたのはチノちゃんも同罪だよね?
路面電車のことトラムって言うのか。
ココアたちの町って「木組みの町」が正式名なの?
でたネットで晒されてたスタバ批判w
双子の名前はまだわからず。
追加ページ、チノちゃんは猫好きなのか。あの町って兎以外の動物が一切いないのか?

4話
千夜の本命はシャロだったのか…ココアじゃないの!?と思ったけど起きてたっぽい。
やはりここは青山さんの実家だったのか。そもそも青山さんが予約取った所だしな。

5話
ラビットフィンガー!?チノちゃんの新技。
またスタバネタw
ぬいぐるみとティッピーの違いが気付かないココア恐ろしいね。

6話
メグ、ヒップホップキャラ化?
シャロ、胸でメグにすら負けるとは…!
マヤの将来の夢「冒険家とかいいそう」は酷い。
夢のないコンビは笑う。
シャロ、バレエ見て寝るキャラだとは思わなかった。
シャロの親は食器職人なのか。
サイクリング組の話はバッサリ切られたのか。アニメでココアの自転車練習の話をやってないから?それの弊害が大きいような。モカのスクーターの話の時もおかしくなってたし。

7話
久々の水着回。チノちゃんの胸が成長してる!マヤシャロの胸の無いコンビ結成はよ。
ココアはリゼ千夜と差が無くなってきてるな。胸のあるトリオ。
双子の名前はナツメとエルか。
そしてさらに新キャラ。
チノってチェスそんなに強い設定だっけ。
あれここって…ナイトプール!

衝撃の8話。
唐突にお寿司とか言い出すと世界観壊してる感あるな。設定では日本なんだが。
シャロ、今からでも千夜の家で暮らすんだ。
シャロの母親美人すぎ。あれでなんで娘貧乏なんや…。
えー千夜の母親のイメージはこうじゃなかったけどな…。千鳥って言うんか。

9話。
ココアとモカの違いは爆笑もの。
ココアのパンへのこだわりよ。
日常系の主人公がなる職種の先生率の高さからココアの将来の仕事は数学の先生だと思う。

10話
うさぎ料理w
新キャラの名前は冬衣葉冬優。
大学教授のココア父登場。

11話
この世界はHMDゲームが普及しているのか…。
双子の名前は神紗夏明と映月。ジンジャーエールは分かるけどジンジャーナツメって?
双子はブルジョワなのでヤマメグの高校に、冬優はチノの高校に行くのだろう。

12話
やっぱり千夜の本命はココアだな!
ノワールは黒。

13話
ホテルは青山さんの実家じゃなくて関係があるだけなのか。

総評
割と面白かったけど新キャラを安易に増やしている感も漂う。
(親キャラは別として)新キャラ出すよりココアと千夜のクラスメートたちに名前を付与して欲しかったんだが…。ナツメ・エル・冬優は木組みの街の学校に入学してくるんだろうけど。
あとKoi先生はスタバに恨みでもあるのだろうか…。

17歳の高校生が事故で死んでしまい、死を回避するために7年前の小学生に戻ってやり直すという話。「僕だけがいない街」にちょっと似てる。小学生のラブコメみたいな話が大半を占めるので児童文学的だが、残酷でハードな描写も少しある。
作風はKeyっぽい感じ。作者はギャルゲエロゲが好きなんだと思う。
1冊で終わる単巻ラノベなので嫌な予感がしたが案の定、途中で5年すっ飛ばして駆け足になるのは残念。
死を回避するために主人公が集める「奇跡の欠片」がCLANNADみたいに曖昧ではなくて明確な存在だったのは良かったが。
ただとも実というキャラはいらなかったと思う。ヒロイン3人のせいで無駄にハーレム感があるし、とも実がいない分を他のキャラの描写に回せただろうに。

↑このページのトップヘ