うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

カテゴリ: アニメ批評_2010

プランダラもこのくらいの作画だったら良かったのに

2期。
同じ原作者のプランダラよりそらおとの方が面白いという声が多いので、しぶしぶ2期以降も見てみることにした。
結論を言うと、ここまで見た限りではまだプランダラの方が面白いと思う。ただ作画は比較にならない程こっちの方が上だが。10年前のアニメなのにこの差は悲しいね。そらおともプランダラ同様デフォルメ演出は多いものの、ED映像も全部新規なのだからほんと凄い。

2期の作品テーマは「愛とは何か」らしい。あと1期から続く「平和が一番」。
相変らずエロエロだけど、エロシーンで智樹がほとんどデフォルメ2頭身なのはエロさに欠けていると思う。
9話で2期で2度目の夏祭り回があったのが謎だが、ここのヨーヨー釣りってフェミが見たら発狂して憤死しそうな内容だよね。

今回もシリアス展開はあるが、1期のニンフ虐待シーンみたいなエグいのはなかった。あれはヤバかったんだろうか。
しかし最終話がギャグ回とはね…1期の終盤はずっとシリアスだったのに。TSして女子トイレネタは気持ち悪かった。まぁ続きは劇場版ってことで。

新キャラのアストレア登場でハーレム感が増したが(ラストシーンでカオスもハーレム参戦…)、第一世代エンジェロイドが持てるのは戦闘・感情・電算のうち2つという設定で、3人に明快な個性をつけているのは上手かった。この作者はよく考えている。ただ終盤のイカロスは感情が発現しているように見えるが。
あとエンジェロイドが増えてカオスがお姉さまとか言うのはローゼンメイデンみたいだった。

おなじみの懐メロEDは2話のかなまら祭りは笑った。
あとこのスタッフプロレス好きすぎだろw3話はせかつよより出来がよかった。EDがビューティペアってw
5話の「フォルテッシモ」のカップヌードルCMパロはもうわかるのは年寄りだけだろw
8話は「踊り子」だったけど1期は「初恋」もあったしこのスタッフって村下孝蔵好きだよなw

つまらん。神谷杉田中村が3人で話してるだけで満足な人もいるだろうが…

2期。
つまらない。この作品はどのキャラも出オチ的な一発受け狙い系なので、それで話を続けても面白いわけがない。
ただ10話はよかった。チョーさんが歌うOPは面白かった。チョーさんがOP歌ったことがあったなんて。この回の鉄人兄とステラの筋肉バトルも良かった。ダンベルを先取りしてるし作画もダンベルに勝ってる。ホーリーマッスルレボリューションってw
EDが完全実写なのはさすがシャフト。エンドカードは永井豪御大は笑った。荒川弘先生も描くとはね。

新キャラは…アマゾネスは三角関係を描くために出したわけだが、こいつが出てくる話はほとんどつまらなかった。2期は恋愛話が多かったが作者はラブコメを描く才能が皆無だと思う。
巨匠は作者が感情移入できる漫画家キャラを出したかったのだろうが、ニノに固執している理由もわからないままフェードアウトしたな。

2期ではニノの正体の真相について少し掘り下げている。原作ではニノは本当に金星人だったそうだが、かぐや姫がモチーフなのかもしれんね。
でも結局ニノと金星に行く話は実現しないまま、最後はニノはいい子だなーで終わり。幻想的なサーカスシーンでごまかした。

声優についてはラストサムライの出番が増えたが、神谷杉田中村の3人で行動するシーンは彼らのファンにはヨダレものだろう。
演技がアレな小見川千明のP子が、演劇の演技が上手い設定というのがなんとも皮肉。つーか2期はP子の出番多かったな。一番普通の女の子なので使いやすかったんだろう。他の女子は奇人しかいないし。
亡くなった藤原啓治さんのセリフで、俺の生命線すげー長えの、長生きじゃんというのがあったが、これはいたたまれなかった。

前作とは比較にならない程のパワーアップ。ちゃんと「作品」になった。

dアニメストアで視聴。
前作と比較にならないほど良い内容になっている。誇張でなく100倍良くなった。
それもそのはず、総作画監督はあのクェイサーやガルパンの杉本功さんである。クオリティは段違い(ただし100数える所は除く。これほどの尺稼ぎは初めて見た)。

と言ってもさほど面白いわけでもないが…あにトレ!EXと同じくらいの出来にはなった。
トレーニングの実用性も格段に高まって、ちゃんとした説明で手軽にできるストレッチを紹介している。ただ揉んだり洗ったりでトレーニングしてない所もあるが…。

エロについてはほとんどが風呂シーンなので当然エロく、ひなこと隊長が絡む所のエロさは相当な物で、おっぱいの裏を洗うシーンはありがてぇとしか言いようがない。ただ乳首は描いて欲しかったが。白い光は無いけど。

つーか男の主人公が一緒に入っている設定らしいがなんで許されてるのか。ひなこ達は2Dで主人公が3Dだからいいという理屈らしいけど。

アメリカ「君は俺に従うよな?」日本「お金なら善処しますが軍隊とかそういうのは…」

dアニメストアで視聴。
81分の映画で、今までと違い1つの長いストーリーになっている。たまに小ネタも入るけど。

地球を全てのっぺら化しようするピクト星人と戦うという話だが、いつもの歴史ネタの方が良かった。これだけ尺があるんだし、第二次世界大戦を最初から最後までフルでやるとかして欲しかった。

出番がほとんど日独伊米英仏露中だけなのもどうかと思う。マイナー世界史ネタをやるのがヘタリアの良さなんだし。
最後、ピクト星人が天真爛漫なヘタリアにほだされて帰っていくというヌルいオチも、もっとどうにかならなかったんだろうか。

でも中国のパクりアニメ晒しはナイス。ただ小ネタのビーフシチュー→肉じゃが発祥の話は嘘らしいが。

今はプロイセンじゃなくてプロシアだよな。日本がクソ中国を説教するシーンに感涙!

3期&4期?ともかくAxis Powersの続き。
大学受験で世界史選択だとより楽しめるやつ。学んだ知識を思い出す良いきっかけにもなる。たまにマリア・テレジアや鄭和のような歴史人物が出てくるし。オーストリア継承戦争の話をガチでやっているのが面白かった。ただその辺の話やるならグスタフ・アドルフや永楽帝の名将っぷりも描いて欲しかったけど。

あと前も思ったがキャラ登場時は下に国名出してほしい。ただリトアニア大公国とかアヘン戦争とかマリア・テレジアについての説明があったのはグッジョブ。前は説明不足すぎた。

腐女子向け臭はかなりきついものの、ハンガリーとかベルギーとかマリア・テレジアとか女キャラの出番もたまにある。ハンガリーのラッキースケベ回があるのは決してホモアニメではないという矜持か。

今回のイタリアはへたれっぷりより、南イタリアのロマーノ兄ちゃんよりはまだ弟の(北)イタリアの方が優秀という描かれ方をしている(ルネサンスの頃は天才少年だった…)。というか日本の出番が多く、イタリアよりも主人公のように感じる。自分が日本人だし。日本史のキモの日英同盟や黒船来航の話もある。

中国の出番も増えて同情的に描かれているが、中国を植民地にして居座ってる英仏とか冷静に考えると笑えんよな。でもコピー製品を作ったり海洋汚染でエチゼンクラゲを生み出したり汚染された大豆を輸出する中国をdisる日本にはグッジョブと涙が止まらないwつーか現実の日本は弱腰だが…。

ロシアがサイコなジャイアンになったのはタタールのくびきのせいのように描いていて、イギリスのノルマンコンクエストはたいしたことではなかったと描かれている。実際そうだったようだが、スコットランドやウェールズやアイルランドとの確執は描かないのだろうか。

あとねこたりあはいらん。それを除いても歴史と全然関係ない日常話はあまり面白くなかった。前から出てるシーランド公国とか今はもう誰も知らんよな。

↑このページのトップヘ