どうせこれも君の名はフォロワーだろうと思ったらギャグアニメだったw

3DCG映画。
この監督は全くの無名だが、同監督のエヴァスピンオフの「新世紀いんぱくつ」は見たことがある。これもエヴァっぽいと感じる所もあった。
内容はターミネーターの未来を平行世界に変えたような話だが、プロットが破綻していて支離滅裂な展開になる。ギャグアニメとして見れば面白いかもしれない。
序盤だけ君の名は。フォロワーっぽいのだが、おそらくスポンサーに序盤を見せて「これ君の名はみたいなやつですよ!だからお金チョーダイ」と説得したのだろう。でもその実体はバトル物なのだが。
ただ、よくある君の名はフォロワーと違い、声にタレントではなく全員声優を起用しているのは良い。悠木碧と水瀬いのりの双子姉妹百合とかオタク大歓喜である。いのりんがここまでの悪役をやるのは初めてのような。

ツッコミ所は多いが、特に公卿の相対というだけで殺された罪のないおっさんたちの死をスルーして、その実行犯のリコと楽しく遊んでるのはひでえと思った。でも一番のツッコミ所はタイトルがストーリーとあまり関係ないところかな。
ラストは死んだ琴莉が後からリンクを切って助かったというのがご都合主義すぎる。メインヒロイン死んだまま終われば高評価したのだが。実は記憶が消えているのかもしれないが、それも良くあるしな。

3DCGモデルの出来はあまり良くないが、風呂シーンは妙に力が入っていた。背景は廃墟のCGモデルがよくできている。街並みでドコモ・AU・ビックカメラ・ルノアール・ABCマート・洋服の青山など実名で出てくるけど許可取ったんやね。