和製パシフィック・リム。00年代の3DCG技術でレトロな昭和怪獣映画を再現!

dアニメストアで視聴。25分の短編アニメ。内容は現代の3DCGで昭和怪獣映画を再現したもの。「パシフィック・リム」とコンセプトが近い。

まず昭和百年って昭和天皇どんだけご長寿なんだよw
しかしこれは科学技術が80年代のまま進歩した(矛盾しているが)レトロフューチャーのコンセプトを表している。コンピュータが8bitのままインターネットや液晶などのデジタル技術が進歩せずに重化学工業だけが超発展した未来って感じ。
こういう世界設定ってスチームパンクのような呼び名をつけられないのかな?昭和パンクとか(だせえ)。

話は短い時間で上手くまとめてあると思う。尺が短いので主人公の老科学者自身がロボットに乗る展開はむしろ新鮮で良かった。最後は昭和のロボットの武器はやはりドリルが最強ってことで。

映像はフォトリアリスティックで3DCGは凄く頑張っているが、人物はやっぱり違和感はあった。
あとネガドンがクラゲみたいだけどもっとかっこいいデザインのほうが良かった。MI-6はパシリムみたいでいいけど。