うざっしーのアニメ批評

ネタバレがあるので注意!ネタバレ無しの評価は名作アニメ一覧をご覧ください。

虚淵玄「ダグラムやボトムズを目指した」 宮崎駿「アニメを見てアニメを作るな」 俺「せやな」

「僕と契約して、エグゾフレームに乗ってよ!」
キュゥべ…宇宙人が石灰岩1トンとエグゾフレームなるロボットを交換する契約を人類と結ぶ話。
石灰石は動物性起源なら地球にしかない物質なので、上手い設定だと思う。さすが虚淵先生。

エグゾは武器も装甲も皆無、そこそこ重い物をかついで素早く動けることだけが取柄という、ロボットアニメにしてはかなり脆弱な設定。しかし石灰岩1トンで得られる低コストの低さにより後進国地域の非正規軍に普及して行く。
エクゾは低コストなだけでなくゲリラ戦術を駆使して運用すれば、その神出鬼没の俊敏さにより大国の戦車やヘリを凌駕する兵器となりうる。この作品はそういった戦争の戦術が変容する過程をオムニバスでざっと描いて話が終わる。

ドキュメンタリータッチの乾いた視点はとても渋く、さすが虚淵作品とは思うものの、見ていて熱くなったり心を動かされたりすることはなかった。
それはインタビューで虚淵先生がダグラムやボトムズを目指したという趣旨の発言をしたように、目新しさが無いからである。だから驚きの無い作品で終わってしまった。
虚淵先生はかつて、まどかマギカはアダルトゲームの要素を取り込んで作ったと言っていたが、アダルトゲームは多くの人にとって未知の世界だったから新鮮に感じられたのである。
しかしこの作品は既存のロボットアニメを基にしているので目新しさが無い。ガンダムパクりのグランベルムと同じである。
こんな空気で終わったのは残念に思う。まぁブラスレイターとかよりはマシだとは思うが…。

※追記
後半の7~12話を見た。

テーマは南北問題でアフリカや南米が主な舞台。
11話の敵はロシアだし虚淵先生はバカサヨではないと思うが、アメリカは戦争で儲けているという持論は頑として譲らない。まあ事実だが。
エグゾのせいで戦車が売れなくなるなら、アメリカとしてはエグゾを金をかけてカスタイマイズする商売に切り替えればOKって話に持って行っている。

結局宇宙人が地球にエグゾを広めた目的は分からずじまいで終わった。11話を見るに大きなストーリーを描きたいのではなく、ロボットをネタにした小噺をやりたいだけなんだよね。
12話の千和さん碧ちゃん起用のまどかマギカセルフオマージュはほんとくっだらない。脚本は虚淵先生じゃないが。内容的には逆シャアとリリカルなのはを足したような感じだよね。ってかグランベルムとかぶってるよな。

YouTubeでは7話で低評価が高評価の1割もあるが、これはかなり不評な方だと思う。8話からは評価数が非表示になってしまっている。

声優については、女性声優は12話を除き人気声優を敢えて避けているが、アニメ声じゃない特定のイメージがついてない人を選んだのだろう。珍名声優の鷄冠井美智子が出ているが、この人は進撃の巨人のリコでブレイクしたのにその後鳴かず飛ばずやな。それ言ったらなぜか12話でまどか声優じゃないのに出ていたガルパン秋山殿の人もそうだが。

鬼滅の刃の外崎監督の出世作。冗談じゃなく鬼滅に生かされている

ギャグ忍者アニメだが忍術はほぼ使わない(1話だけ使うが無かったことにされた感)。お色気要素もちょいあり。
ufotable制作で、鬼滅の刃の外崎春雄監督の出世作でもある。両作品は一見似ても似つかないようで、鬼滅のギャグは明らかにこの作品の演出を元にしている。善逸のキャラは下品セリフを絶叫する音速丸のノウハウが生かされているのは間違いない。EDでふすまが次々に開く所は無限城に流用したのかも。

ギャグはただひたすら音速丸が暴れてセクハラしまくる印象だが、若本さんって活舌が悪いからセリフが聞き取りづらいんだよね。若本さんのアドリブも多いそうで、そのセリフ自体は凄いセンスを感じるけど。
「たくさんおっぱいキス甘酸っぱいおならの匂いが部屋いっぱい、ちゃんと韻を踏んでる以上文句を言われる筋合いはない」「おっぱい触らせろ、それが嫌ならおっぱい吸わせろ」はリスペクトを感じる。
音速丸のセリフではないが「おトイレいけない!」「僕がトイレさ」は有名だね。
あと10話の矢文のキャッキャウフフはこの言葉の初出らしい。

キャラデザはぽっちゃり好きなら今見ても十分いける。この芋っぽさは貴重。ただ原作者は今もニニンがシノブ伝ぷらすをWebで描いてるが、なぜか画力が落ちている…初期の絵を見る限り、当時は凄い上手い部類の萌え絵作家だったろうに。

作画は流石のufotableだけに安定している。お色気シーンの作画も良い。乳首は見えないが、この時代なのでお尻はモロに見えるのが良き。
「作画崩壊の呪い」とか最終話で作画ネタをやってるだけあって、ufotableは自分の所の作画には自信があるのだろう。ただ9話Bパートは作画自体は良かったものの他の回とキャラデザが違っていて、当時結構叩かれたらしい。

声優は今から見るとやはり豪華で、斎藤千和さんや小野Dや生天目さんがモブをやっているのは時代を感じる。

[喪187] モテないし他人のことは知らない

待望の南小陽回か。キバ子というセリフも長い間見てないが。
珍しく吉田さんがいるな。真子がキレ気味という。
南は体育だとそんな髪型なのか。
フットサルでゆりがキーパー。あまり動きたくないからという理由で志願してそう。
二木さんは何でもできる凄い奴キャラなのがもうクラスで周知なのか。
ゆりともこっちのディフェンスがザルすぎるwキャプ翼ネタ持ってこないのは作者は知らないのか。
二木のもきゅもきゅ食い、ちょっと怖いな。
南の思考回路も謎だわ。スポーツができる=カースト高いはまあそうだろうが。
豚の餌の子(三家)の彼氏って快って言うのか。快はもう味覚障害やろうな。
そんな飯ローテ組んでもとっくにぼっちなの見透かされてるやろ。
南・二木・真子で食べればいいのでは?
完全食BASE BREADって本当にあるのか。カロリーメイトのパン版っぽいね。
昼休みに筋トレしてるとはさすが二木。
南ってゆりと幼馴染だったのか!?「どこが?」というゆりの返しが良いw真子ともそうだったようだがそれって言ってたっけ。
二木、オタサーの姫やなw

ページ数多い割に中途半端なところで終わったが…原幕音ゲー部にモブ子の好きな男子がいて南とこじれる展開になる?
次がこの話の続きだと南に大きな変化が訪れそうやね。

↑このページのトップヘ